ゼノファーEXは相乗作用で自信がみなぎる!?成分を徹底分析

ゼノファーEXは相乗作用で自信がみなぎる!?成分を徹底分析
ゼノファーEXは配合された成分の相乗作用によって効果が発揮され男の自信がみなぎるということですが、相乗効果がどのようにして証明されているのかという点に興味が湧いてくる精力増強サプリです。
相乗効果って、1+1が2ではなくて3にも4にもなるっていう効果ですよね
単独でも精力増強効果のある有効成分がいくつか組み合わさることで単独では得られないような驚くべき効果が出るということです
でも、それって、いろいろな精力増強サプリで実践されていることではないのですか?アルギニンとシトルリンを組み合わせることで精力増強効果が上がるというような話もきいは国内生産で天然成分を利用。かつ、強壮効果のある医薬品成分が含まれない、おすすめをご紹介します。
みなさん、成分の組み合わせだけでなく配合量を「黄金比率」というような形で表現したりしていますが、知ってか知らずか相乗効果を製品化しているというところがあります。
じゃあ、他のサプリと同じということでしょうかね
でも、相乗効果を言葉にして紹介している精力増強サプリはあまり見ませんし、もしも、それが科学的に証明されているのであればというのが興味を持ったポイントです

ゼノファーEXに配合されている成分というのは、L-アルギニンやL-シトルリンといった理論武装された精力増強効果が期待できる成分が配合されていますし、マカやトンカットアリといった現地の人が精力増強・滋養強壮を目的に伝承的に食べているアルギニンが豊富に含まれる天然成分も配合されています。

しかしながら、他の精力増強サプリであまり使われないような特殊な成分があるわけではありません。

どのようなことを根拠にして、相乗効果をアピールしているのかということを成分面から検証していきましょう

 

ゼノファーEXの相乗効果とは?

ゼノファーEXの公式サイトには、「L-シトルリンに天然由来の成分を同時摂取することによって起こる相乗効果に着目した精力増強サプリ」であることは書かれていますが、どのような相乗効果であるのかは書かれていませんでした。

いろいろ調べてみると、アルギニンという勃起力のキーとなる物質が血液中に高濃度で存在することとアルギニンの効果を多角的にサポートする成分というのが、各成分の相乗効果が起こすゼノファーEXの「革新のメカニズム」となっているようです。

 

体内でのアルギニンの働きとは?

勃起力のアップという観点からは、アルギニンの代謝によって発生する一酸化窒素が血管を拡げ陰茎海綿体に流れ込む血液を増加させるということが有名ですが、体内のアルギニンの働きはそれだけではありません。

アルギニンの働き
  • 血管拡張作用による血流改善
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 尿素サイクルによるアンモニアの排出
  • マクロファージ(免疫細胞)の活性化
  • 角質層における保湿力アップ

参照元:わかさの秘密 アルギニン
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/arginine/

後の二つは、勃起力アップには関係するとは考えられませんが、最初の三つは異なった形に勃起力アップに大きく関わってきます。

血管拡張に伴う血流改善は先に解説したとおりですが、成長ホルモンの促進はペニスの成長を促す効果が期待できますし、尿素サイクルにおけるデトックス効果は溜まった疲れを解消することによる体の活性化が期待されます。

ゼノファーEXに配合されている成分は、アルギニンの供給源となるL-シトルリンをはじめとして、体内のアルギニンによる勃起力アップ効果を高める天然成分を配合しているということのようです。

 

ゼノファーEXに配合されている成分は?

ゼノファーEXに配合されている有効成分は、L-シトルリン、L-アルギニンも含めて19種類で、それに錠剤を形成するための賦形剤が4種類で、合計23種類となっています。

19種類の有効成分の勃起力改善に関わる効果をピックアップすると以下の通りです。

血液中にアルギニンを供給する効果が期待できる成分:L-シトルリン、マカエキス末、L-アルギニン
男性ホルモンの分泌促進:トンカットアリエキス末、アカガウクルア末
精子の形成:酵母(亜鉛含有)、牡蠣肉エキス末
脂肪の燃焼、血液サラサラ効果などによる血流改善効果:唐辛子末、ニラ種子エキス末、カンカエキス末、ムライプアマ樹皮エキス
脳への刺激:ロディオラエキス末、ガラナ種子エキス末
滋養強壮作用:鮭卵巣外皮加水分解物、すっぽん末、冬虫夏草菌糸体末、コブラ末、高麗人参エキス、オットセイ骨格筋エキス

ゼノファーEXに配合されている成分には、先に説明させていただいたアルギニンに期待される勃起力改善効果をサポートする効果のあることがよくわかります。

参照元:ゼノファーEX 公式サイト
http://www.zenofarex.com/

 

エキス末の使用は評価できる?!

結局のところゼノファーEXに期待される相乗効果については推測するしかできませんが、もう一つのポイントがエキス末を配合しているケースが多いという点です。

天然物の粉末には食物繊維はもちろん様々な成分が含まれているため、「〇〇末」という原料はそれらをすべて含んだ粉末ということになります。
一方、「〇〇エキス末」や「〇〇エキス」というのは雑多な成分を排除し目的とする有効成分を濃縮してから粉末にするため、一つのタブレット内に高濃度の目的成分を含ませることができます。

すなわち、同じ原材料を同じ量だけ配合しても、エキス末を使用している方が血液中の有効成分の濃度は高くなり、血中濃度に比例して効果も大きくなる場合が多くなります。
従って、相乗効果が起こる可能性も高くなるというわけです。

何よりも、タブレットの大きさには限界がありますので、同じ重量のタブレットに多くの有効成分を含ませることができるというのもエキス末の大きな強みです。

ただし、エキス末を使う場合には、効果も大きい代わりに未知の副作用が起こる可能性もあります。

特に、マカやトンカットアリなどの天然物は食材として利用されているものですので、有効成分を高濃度で摂取した実績のないものもあるかもしれません。

エキス末というのは効果と副作用という諸刃の剣になっているということですね
天然物は長年にわたる食習慣に裏打ちされていますし、メーカーもそのあたりは入念に検討して製品化していると思います。
L-アルギニンやL-シトルリンといった成分名がそのまま書かれているものは、大丈夫なんですか?
アミノ酸のような物質については過剰摂取による副作用に関するデータもたくさんある場合が多いので、天然物のエキス末よりは安全性は高いのではないでしょうか・・・。
後、相乗効果に関する科学的根拠となるデータはないようですが、相乗効果というのは本当に期待できるのでしょうか?

 

相乗効果は本当にあるのか?

勃起力をアップさせるということは、簡単に言えば、陰茎海綿体の内部に血液を送り込む量を増やすことができればよいわけで、精力増強サプリではどうやって血液を送り込むようにするのかを考えた配合を吟味していることになります。

陰茎海綿体に血液を送り込む方法としては、L-アルギニンのように血管拡張効果のある成分が最もシンプルな物質であり、L-アルギニンやL-アルギニンを供給できるL-シトルリンが配合されるわけです。

しかし、陰茎海綿体に血液を送り込む方法は、血管を拡げるという方法だけではありません。

  • 血中のコレステロールを抑えることで血液をサラサラにすることで血液の流れが活発にする
  • 活性酸素の作用を抑える抗酸化活性のある成分によって動脈硬化を予防する
  • 代謝を活にする
  • 脳を刺激して覚醒状態にする

など、異なったメカニズムで血流を活発にする方法はいくつかあり、それらを促進する成分もいくつかあります。
メカニズムが異なっており相互作用が無いものであれば、二つ以上の血流アップ効果が重なれば効果は二倍にも三倍にもなりえるというわけです。

このことからも分かるように、科学的な証明は難しいかもしれませんが、相乗作用を引き出す工夫というのは多くの原料を配合している精力増強サプリであれば、少なからず考えられていると推測されます。

相乗作用というのはどんな精力増強サプリでも実践されているのですね
複数の天然原料を組み合わせているものであればその可能性は高いですし、独自の「黄金比率」や「配合バランス」などとアピールしているような精力増強サプリは十中八九相乗作用を利用した精力増強サプリではないでしょうか。
ゼノファーEXの場合、エキス末を利用していることがポイントに挙げられていましたが、いろいろな精力増強アプリを見るときにエキス末というのも識別方法の一つになりそうですね

このサイトでは他にも色々な精力剤サプリを紹介していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です