リバイタスで男の自信は戻るのか?有効成分をバランスよく配合し効果を狙う精力剤

リバイタスで男の自信は戻るのか?有効成分をバランスよく配合し効果を狙う精力剤
リバイタスは「ヤル気と元気を取り戻す!!」というキャッチコピーから、精神的な男の自信を取り戻すことをコンセプトにつくられた精力剤のように感じられます。

リバイタスに配合されている成分を「5大活力成分」と呼んでいることからも商品名のバイタスはvitality=活力をもじったものと思われますが、前についている「リ」というのは再びという意味の接頭語とすれば、リバイタスは若い頃の活力を取り戻すことにあるのかもしれません。

リバイタスでは五大活力成分をバランスよく配合することに時間をかけた精力増強サプリというように紹介されており、成分自体の種類は通常の精力増強サプリで見られるようなものばかりですし、量的なものを見ても突出して多いものがあるわけでもありません。

以上のことから、リバイタスが求める精力増強効果は、珍しい成分を大量に入れて発現させるものではなく、有効といわれるものをバランスよく摂取することでヤル気を起こすための体づくりをするということにあるということと考えられます。

ストレスやプレッシャーに弱い人は多いですからね。何とかしなければと思うと焦るばかりで余計に泥沼なんてことも珍しくないですね
若い人の勃起不全(ED)は精神的な問題が影響しているケースが多いんです。というわけで、リバイタスは年齢的に減退するのはまだ早いと思われるような男性に向けた精力増強サプリなのかもしれません。
心因性のEDに効果が期待できるというリバイタスに興味が湧いてきたので、詳しく教えてもらえますか?
それでは、先ずはリバイタスという商品そのものを検証してみましょう

 

リバイタスの成分構成は?

最初に申し上げたように、特に珍しいものが入っているというわけではありません。

リバイタスの五大活力成分
南米ペルー産のマカ(6,300㎎)
インドネシア産のトンカットアリ(90,000㎎(原料換算))
タイで愛用されているクラチャイダム(900㎎)
スイカに多いと言われるシトルリン(9,000㎎)
人体に必須のミネラルである亜鉛(90㎎)

カッコ内には一箱、すなわち、30日分に含まれている量を書いていますが、マカ、トンカットアリ、クラチャイダムは現地で精力増強・滋養強壮といった目的で普通に食べられているものですので、勃起不全に理想的な量というものはありません。

また、シトルリンは勃起力アップの効果が期待できる1日の摂取量は800㎎(1ヵ月では24,000㎎)と言われていますし、厚生労働省が発表している亜鉛の1日の摂取目安量は成人男性で12㎎(1ヵ月では360㎎)ということですので、どちらも多いということはありません。

どの成分を見ても、「これは効果が期待できそう!」というような量が配合されているというわけではなく、れぞれの成分のバランスが大切であるというのがリバイタスの商品コンセプトであり、試作を繰り返し配合バランスを決定するために時間をかけているということです。

参照元:リバイタス 公式サイト
http://shop.sprout-japan.co.jp/revitas/lp/af2/

 

リバイタスの配合から考えられる効果とは?

リバイタスの公式サイトには、以下のような方におススメするように記載されています。

パートナーを満足させられない。
元気が続かない・・・
何となく積極的になれない・・・
ススキノや中洲のお店で楽しめない。
精力的になれない・・・

これを見る限り、勃たないことに悩んでいる機能的勃起不全ではなく、性欲そのものが湧いてこない心因性勃起不全を対象としている精力増強サプリということになります。

機能的勃起不全を改善するのであれば、アルギニンによる血管拡張効果やアルギニンの供給源となるシトルリン、さらには、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進する成分を投入し、陰茎海綿体に送り込む血液量を増やせばよいわけです。
しかしながら、心因性となると催淫性のある成分が有効かと思うのですが、そういった成分も配合されていません。

 

リバイタスは肉体的・精神的な疲労回復効果でヤル気を取り戻す!?

直接的な勃起力に関わる成分や性欲を誘発する成分の代わりに配合されているのが、マカ、トンカットアリ、クラチャイダムといった健康維持のために現地で伝承的に摂食されている滋養強壮食品です。

マカやクラチャイダムには勃起力に影響を与えるアルギニン含有量が多い原料ではありますが、他のアミノ酸や代謝に関わるビタミンB群やミネラルも豊富に含まれていますので、液のめぐりが良くなるとともに疲労回復といった滋養強壮効果も期待できます。

トンカットアリには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進することで勃起力の改善効果もありますが、肉体的、精神的な疲労回復効果も期待されますし、血流をアップさせる効果もあります。

参照元:わかさの秘密 トンカットアリ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/tongkat-ali/

リバイタスでは血の巡りと気の巡りを改善することで、肉体的にも精神的にも健全な身体をつくり、性に対する意欲を取り戻すための精神的なゆとりを取り戻してくれる精力増強サプリなのかもしれません。

もちろん、勃起力アップにつながるシトルリンや精子の合成に関わる亜鉛も配合されていますので、機能的にも後押ししてくれる効果も期待できます。

なるほどね。疲れていてはヤル気もでませんもんね
心因性EDは全く勃起しないというわけではなく、機能は正常なのに時々勃起しない、あるいは、途中で失敗するといった中等度勃起不全と呼ばれます。
EDにもいろいろなタイプがあるのですね 。勃起しない、中折れするという頻度が決め手ですね
「時々」という頻度になって初めて「自分がEDでは?」と気付くことが多く、精力増強ドリンクで対策をと考える人が多くなります。心因性EDについて少し説明しておきましょう

 

心因性勃起不全はリバイタスで何とか出来るのか?

女性の裸や女性との接触によって性的な刺激を受けることで脳からシグナルが発生し、アルギニンがシトルリンに変換されたときに発生する一酸化窒素が陰茎内動脈を拡張し、陰茎海綿体に血液が流れ込み勃起が起こります。

機能不全の場合には脳からの勃起の指示が出ていても陰茎海綿体に血液を送り込むシステムが機能していない完全EDなわけですから、先ずは病院に行った方が良いということになります。

心因性勃起不全は性的な刺激に対して脳が反応していないということで、反応しない原因はいくつか考えられますが、結論的には「うまくいかないのではないか?」という不安という精神的要因が原因となります。

深層心因:トラウマや性同一障害
現実心因:日常的なストレスやコンプレックスなど
精神疾患:うつ病や統合失調症などの病気

童貞の方が初めてのセックスという緊張によるストレスや不安、いわゆる、経験不足が原因ということもありますが、これはセックスに対する知識を増やすことで不安を解消することで回避できるかもしれません。

しかしながら、相手を満足させることができなかったストレスはトラウマとなってしまうこともあり、喪失した自信を取り戻すには知識や情報だけでは簡単にいかないこともありますので、精神疾患による勃起不全も含めて病院を受診した方が良いかもしれません。

一方、現実心因と呼ばれる性交渉とは関係しない日常的なストレスや勃起時のサイズに対するコンプレックスというのは、精力増強サプリで何とかしようという人が多いようです。

 

リバイタスで自信を取り戻す

リバイタスの五大成分というのは一つ一つを見ると他のサプリに比べて見劣りするということがあるかもしれませんが、日常的な肉体的・精神的疲労を回復できるように各成分のバランスを考えて配合されているということです。

現在は情報過多な部分もあり、勃起時のサイズや持続力に過剰にこだわる傾向があるようですが、平均的であれば子孫を残すという目的そのものに問題があるわけではありません。
しかしながら、性生活そのものは子作りだけの問題ではなく、恋人や夫婦の関係を円満にする上でも重要な問題です。

リバイタスでいろんな意味での活力を取り戻すことができれば、円満な関係を構築することが可能であると推測されます。

特に、中高年では男性ホルモンの減少によって機能そのものも低下するということを考えると、単なる滋養強壮剤ではなく、リバイタスのように男性ホルモンや勃起力を向上させる成分が入っている方がプラスアルファの効果も大きくなるかもしれません。

一晩で何回もといった「絶倫」を望むのでなければ、ある程度の満足感が得られるリバイタスのような精力増強サプリの方が良いのかもしれませんね
心因性のEDに悩んでいる方であれば、気力さえ充実できれば機能そのものは大丈夫なわけですから、極限まで勃起能力を高める必要はないと思います。むしろ、肉体的な疲労だけでなく精神的な疲労もカバーしてくれるリバイタスはちょうど良い精力増強サプリではないかと考えます。

その他の精力剤についても以下の記事で解説していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です