ノコギリヤシ+クラチャイダムの効果や口コミ評判・副作用を徹底分析【薬剤師解説あり】

ノコギリヤシ+クラチャイダムの効果や口コミ評判・副作用を徹底分析【薬剤師解説あり】
  「ノコギリヤシ+クラチャイダム」という商品は、はっきりと精力剤として解説されている雰囲気がなく、何となくそれっぽいキャッチコピーがついています。
しかし、ノコギリヤシはメジャーなサプリ素材で何か期待される素材ですので、この商品の詳細を見ていきましょう。

ノコギリヤシ+クラチャイダムとは?

「ノコギリヤシ+クラチャイダム」はネイチャーシードが製造元です。

ネイチャ―シードはあの「クラチャイダム」の製造元でもあります。

クラチャイダムが含まれているため男性性機能向上に力を入れているのかと思ったのですが、公式サイトを見ると、少し違っていました。

ちょっと控えめというか「モヤモヤトラブルに毎日のスッキリを」というキャッチコピーで、男性性機能向上にスポットを当て幅広い効能を呼びかけているような気がします。

「スッキリを」というあたりはノコギリヤシの頻尿改善効果などを狙っていると思われます。

公式サイトの最初から最後まで精力サプリとしての表記はあまり見られないのですが、その幅広いコンセプトの中にやんわりと、男性性機能向上も含まれているのだろうというニュアンスは感じられます。

しかし、ネイチャーシードのいう「モヤモヤトラブル」という煮え切らない表記の仕方にイライラされている方もおられると思います。

また、ノコギリヤシという成分は非常に幅広い効能を持つサプリメントです。ノコギリヤシと聞いただけで、サッと頭に浮かぶのは何ですか?

頻尿、残尿感ですが、実は育毛効果も期待できます。

この「ノコギリヤシ+クラチャイダム」を育毛関係から検索してみてください。結構、このサプリが「育毛効果に期待!」という記事が多くあります。

クラチャイダムについては過去に解説させていただいておりますので、ここからはノコギリヤシに注目してみましょう。

 

ノコギリヤシがこのサプリに選択された理由

ノコギリヤシの入ったサプリ商品はコンビニからドラッグストア、スーパーの食品売り場など、どこかしら顔を出しています。

それほどにポピュラーなノコギリヤシですが、しっかりと、詳細を見ていきましょう。

 

キャッチコピーの「毎日のスッキリを」を実現するのはノコギリヤシの効能

前立腺は男性だけにある器官ですが、前立腺肥大症という病気に頻尿や残尿感といった症状があります。
前立腺が何らかの原因で肥大し、肥大した前立腺が尿道を圧迫するために一度に尿が出ず、頻尿、残尿という症状が出てしまいます。

では、ノコギリヤシはどのようにして頻尿などの症状を改善していくのでしょうか?

前立腺が肥大化する大きな原因は、男性ホルモンの関与であると考えられています。

年をとると、加齢によるテストステロンという男性ホルモンの減少を阻止しようと、テストステロンをどんどんDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変換していきます。

DHTは前立腺を肥大化する作用をもっており、 テストステロンが減少し始める30歳代から徐々に前立腺の肥大化が始まり、65歳ぐらいになると、約9割の男性が前立腺肥大の何らかの症状に悩まされるようになります。

 

このような前立腺肥大症の諸症状をノコギリヤシが改善します。

ノコギリヤシは、テストステロンからDHTに変換させる5αリダクターゼ活性化を抑える働きがあり、前立腺の肥大を抑えます。

男性ホルモンに作用するので、妊娠中や授乳中の女性は摂らないようにしなければいけません

 

ノコギリヤシは炎症性物質を作る酵素の働きを阻止する

前立腺炎という比較的若い男性に多い疾患があります。

ロイコトリエンやプロスタグランジンなどの炎症性物質が生成され、前立腺が炎症を起こし始めます。

ノコギリヤシは、プロスタグランジンなどを生成するシクロオキシゲナーゼなどの酵素の活性を抑え、前立腺炎の改善・予防する働きがあります。

 

AGA(男性型脱毛症)改善の期待

AGAもまた、前立腺肥大症と同じようにDHTの生成、増加で発生します。

従って、前述したようにテストステロンからDHTに変換させる5αリダクターゼの活性を抑える働きがあるノコギリヤシはDHTの生成を抑え、脱毛を阻止しようとします。

ただ、上記のような疾患の改善を期待するのに、ノコギリヤシを1~2カ月以上は最低でも摂る必要があります。

参照URL:わかさの秘密「ノコギリヤシ」
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/saw-palmetto/

参照URL:国立健康・栄養研究所・健康食品の素材情報データベース「ノコギリヤシ」
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail70.html

 

ノコギリヤシの性質

北アメリカ南東部原産で、ヤシ科に属し、ハーブの仲間です。

ノコギリヤシの名前のように鋭い葉をもち、うっかり触れると、肌を傷付けてしまいます。

中國では古くから泌尿器系疾患を改善する漢方薬として活用されていました。

まれに胃への不快感など消化器症状が出現しますが、安全性については妊娠、授乳中以外のものにはきわめて高いといわれています。

もう一つの成分、クラチャイダムについても検証してみましょう。

クラチャイダムはどちらかいうと、精力サプリとして有名です。

ところが、この「ノコギリヤシ+クラチャイダム」は、よくあるクラチャイダムの男性性機能向上ではなく、日々の生活が円滑に進行していくことに重点を置いていることが公式サイトから伺うことができます。

 

男性性機能向上以外にどんな効果がある?

日本でいうところの黒ショウガとか黒ウコンのことを、タイ語でクラチャイダムといいます。

クラチャイダムは、数多くのフラボノイドを含んでいます。

男性性機能向上にもつながる末梢血管の血流量増大、血流量促進させる働きは、冷え性やむくみの改善につながります。

 

高脂血症予防効果がある

クラチャイダムをエサの中に混ぜ、肥満型の糖尿病マウスと正常マウスに対して8週間投与し続けました。

肥満性糖尿病マウスは8週間後、有意に体重や血糖値が減少し、正常マウスは体重の変化が見られなかったというデータがあります。

このことから、クラチャイダムは内臓脂肪を明らかに減少させ、糖尿病改善、予防の効果があることがわかります。

 

血圧降下作用

クラチャイダムには、アルギニンが豊富に含まれています。

このアルギニンは血管を拡張させる一酸化窒素(NO)を産生します。

この効果が男性性機能を向上させる働きがあるということで精力サプリとして有効と見られているのですが、血管を拡げるという働きはそれ以外に血圧を下げる効果もあるということになります。

また、血液をサラサラにする効果(血小板凝集抑制)もあり、動脈硬化の予防ができます。

 

アレルギーを抑える 炎症を抑える

黒ショウガ(クラチャイダム)以外にも何種類かのショウガがありますが、実験の結果、黒ショウガが一番、抗アレルギー・抗炎症作用が強力ということがわかりました。

 

抗酸化作用

過剰に存在することで老化を早めてしまう活性酸素という物質があります。

クラチャイダムは抗酸化作用があり、悪玉の活性酸素の産生を抑える働きがあります。

従って、アンチエイジング効果を期待することができるということになります。

 

キャッチコピーの目標達成が期待できる

「モヤモヤトラブルに毎日のスッキリを」のキャッチコピーは、ノコギリヤシとクラチャイダムで理論的には十分期待できそうですね。

特に、クラチャイダムの効能は素晴らしく、男性性機能向上のみに使用するには勿体ないぐらいです。

 

男性の加齢による前立腺肥大症はまさに「老化」が原因です。

前立腺肥大の諸症状をノコギリヤシで、老化進行・生活習慣病の予防をクラチャイダムで実施していけば、前立腺肥大症の発症を遅らせることが可能になります。

 

まとめ

  • 精力アップよりも幅広い効果を期待している主成分の組み合わせ
  • ノコギリヤシの効能効果
  • クラチャイダムは精力アップなど以外でも有能なサプリメント

精力サプリといわれる材料は、男性性機能向上のみに使用するのは勿体ないぐらい素晴らしい成分が入っています。

従って、男性性機能向上も生活習慣病予防と同じような考えを持つことが重要です。つまり、生活習慣病と男性性機能向上は常に相互関係にあるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です