カイセイコラーゲンキングは血管に柔軟性と弾力性を与える精力増強サプリ!

カイセイコラーゲンキングは血管に柔軟性と弾力性を与える精力増強サプリ!
カイセイコラーゲンキングは液状の精力増強サプリということですが、即効性のある精力ドリンクとは異なり、継続して飲むことで日常的な勃起力アップを図りながら体質改善をしていく精力増強サプリです。しかも、新発想の精力剤ということで、いろいろ試したけれども効果が得られなかったという人にとって期待が膨らむ精力増強サプリと言えるかもしれません

精力増強サプリや精力ドリンクと言えば、勃起力をアップさせる、すなわち、血管拡張による血流アップ効果のあるアルギニン・シトルリンといった成分を天然物や精製したアミノ酸の形で配合したものがベースとなっているものがほとんどです。

もちろん、それだけならば、どの製品も「ドングリの背比べ」ということになってしまいますので、アルギニン・シトルリンの効果をパワーアップさせる様々なサポート成分を配合して特徴を出していくことになります。

カイセイコラーゲンキングもその一つですが、栄養素を運ぶ血管の強化を目指した成分を配合することによって、精力増強サプリに配合されている有効成分を効率的に利用することを可能にした新しい発想の精力増強サプリということです。

血管強化というのは一般的な精力増強サプリで言われる血管拡張とは異なるのですか?
精力増強サプリでよく言われるのはアルギニンの代謝で発生する一酸化窒素による血管拡張作用ですが、カイセイコラーゲンキングでは商品名にあるようにコラーゲンの力によって血管に弾力性を与えることにもあるようです
それが新しい発想ということですか?
そうです。一酸化窒素は血管の内部から、コラーゲンは外側から作用して、血管に柔軟性と弾力性を与えることになります。先ずは、その辺りを踏まえてカイセイコラーゲンキングという精力増強サプリを検証していきましょう

 

カイセイコラーゲンキングの新発想とは?

カイセイコラーゲンキングの新しい発想というのは、どんなに効果のある成分を配合したところで、それを下半身に運び機能を発揮させるためには、有効成分を運ぶ血管が健全であることが大切であるということにあります。

すなわち、カイセイコラーゲンキングは、有効成分を効率的に利用するために健全な血管を構築する成分を配合されています。

 

血管の構造は?

血管は動脈と静脈で微妙に構造が異なりますが、基本的には、血管壁は内膜、中膜、外膜の三つの層からなり、それぞれ以下の細胞や組織で構成されています。

  • 内膜:内皮細胞と僅かな結合組織
  • 中膜:血管平滑筋・弾性繊維・膠原繊維
  • 外膜:疎性結合組織(コラーゲン、エラスチン)

参照元:ウィッキペディア 血管
https://ja.wikipedia.org/wiki/血管

カイセイコラーゲンキングでは、内膜と中膜に作用して血管に柔軟性を与えて拡げる一酸化窒素の産生を促す成分と中膜・外膜を補強して血管の弾力性を保つコラーゲンやエラスチンが配合されています。

 

カイセイコラーゲンキングの有効成分は?

カイセイコラーゲンキングの原材料は以下の通りですが、新発想の中心となっているのがアルギニンを供給するマカエキスと外膜を補強する精製コラーゲンです。
精製コラーゲンが42,000㎎、マカエキスが1,500㎎(12,000㎎のマカ粉末に相当)が配合されており、広島県産のカキから抽出されたカキエキスも2,400㎎配合されているということです。

コラーゲンについては他の精力剤と比較することができないのでこの量について評価することはできませんが、1か月分でマカ粉末が12,000㎎というと、本サイトでもご紹介させていただいた「凄いマカ」の53,000㎎には遠く及びません。


ただし、サポート成分によって影響力が変わることを考慮すると単純にマカの量だけを比較することに大きな意味はないのかもしれませんが、「マカ&クラチャイダム12000プラス」、「サントリーのマカ冬虫夏草配合」が6,000㎎、「DHCのマカ30日分」が12,150㎎、「FANCLのマカ」が11,250㎎ということを考えると、カイセイコラーゲンキングに配合されているマカの量は多い方の部類かもしれません。

 

カイセイコラーゲンキングに配合されているマカエキスの働き

血管拡張作用のあるアルギニンはマカエキスによって供給されており、太い血管の血管内皮細胞がアルギニンを代謝する際に発生する一酸化窒素が血管の内膜を弛緩するように血管内皮細胞の機能を調整することができます。

一酸化窒素の働き
  • 動脈硬化の抑制
  • マクロファージなどの白血球が血管内膜への浸潤を防ぐ
  • 血管平滑筋細胞の増殖抑制
  • 血管拡張

参照元:脂質と血栓の医学 一酸化窒素(NO)
http://hobab.fc2web.com/sub2-no.htm

 

カイセイコラーゲンキングに配合されているコラーゲン・エラスチンの働き

原材料に記載されているように、コラーゲンは直接配合されており、経口摂取されたコラーゲンが直接血管の外膜を補強するとは考えられませんが、少なくとも、コラーゲンを構成するアミノ酸が大量の供給されることになり、体内でコラーゲンを再構築しやすい状況にあることは予想されます。

コラーゲンというと、皮膚の弾力性に関与しお肌にハリツヤを与える美容成分のように感じるかもしれませんが、血管外膜においてコラーゲンやエラスチンが充実することは皮膚と同じように血管に弾力性を与えることにつながります。

参照元:コラーゲンランキング コラーゲンが血管に与える影響
http://collagen-ranking.biz/kekkan.html
参照元:カイセイコラーゲンキング 公式サイト
https://collagen-collagen.jp/campaign/king_jp/king_lp_a.html

カイセイコラーゲンキングの狙いは、血管を拡張するだけでなく、血管を内外から補強することで元気で健全な結果を造り出して、血液の流れを一層強化することにあるのですね
血液は心臓によって送り出されており、血管がアクティブに動かしているというわけではありませんので、血流改善には血液が通る血管が拡がっていることは大切です。しかし、さらにパワーアップするためには柔軟性と弾力性を兼ね備えた元気はつらつな血管が必要になるというわけです
カイセイコラーゲンキングの目指す新しい発想についてはよくわかりました。ということは、血管が元気になったところで肝心な精力増強効果のある成分はどうなっているのでしょうか?

 

カイセイコラーゲンキングに期待される精力増強効果?

先に記載したように、カイセイコラーゲンキングには、強化された血管で効率的に利用されることによって精力増強効果が期待できる有効成分も配合されています。

カイセイコラーゲンキングに配合されている成分を以下に示しておきます。

精製コラーゲン(豚皮)、ハチミツ、カキ(牡蠣)エキス、マカエキス、グルコサミン、エラスチン、梅エキス、ドロマイト(カルシウム・マグネシウム)、コンドロイチン含有粉(サメ由来)、ムイラプアマエキス、紅参エキス、鹿角霊芝エキス、高麗人参エキス、ビタミン(B1、B2、B6、B12、C)ナイアシンアミド、パントテン酸Na、甘味料(D-ソルビトール、ステビア)、酸味料、香料、酢酸Na、アジビン酸、トウガラシ抽出物、ヒアルロン酸、セラミド、保存料(安息香酸Na)、酸化防止剤(ビタミンC)

配合されている有効成分には、多種類のアミノ酸が含まれている天然成分や代謝を助けるビタミンB群、ミネラルをはじめ、血流改善効果や性欲亢進効果が期待できる天然成分も配合されています。

主だった精力増強が期待できる天然成分は以下の通りです。

カキエキス:男性ホルモンの分泌にも関与すると言われる代謝を活発にする亜鉛が豊富な原料です。
ムイラプアマエキス:アマゾンの熱帯雨林に生息する植物のエキスで、滋養強壮と性欲増進目的で伝承的に利用されています。
紅参エキス、高麗人参エキス:滋養強壮効果のある栄養素に加えてサポニンには血流を改善する効果があります。
鹿角霊芝エキス:血圧調整や高脂血症などの生活習慣病の予防効果があると言われる漢方生薬です。
トウガラシ抽出物:カプサイシンという辛み成分に血流改善効果があります。

参照元:カイセイコラーゲンキング 公式サイト
https://collagen-collagen.jp/campaign/king_jp/king_lp_a.html

健全な状態の血管を維持しながら、さらに、血液の流れそのものをアップさせることを意識した有効成分が配合されているように感じられました
そういうことです。カイセイコラーゲンキングの開発者の血管に対するこだわりがうかがわれます
それはそうと、カイセイコラーゲンキングは何故液状の商品なのでしょうか?これが不便なような気がするのですが・・・
確かにそうかもしれません。液体の方がコラーゲンのプルプル感が実感できると考えてのことでしょうか・・・。まあ、1ヶ月分が300mlで一日10ml程度、すなわち、軽く一口含むだけの量ですので不便はありませんが、開封後の保存は面倒そうです
でも、よく考えてみたら、一日に10ml程度ならば家に帰って飲めば良いのだから、自宅の冷蔵庫に保管しておけば問題なさそうですね

このサイトでは他にも色々な精力剤サプリを紹介していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です