BLAZER-α Plusのけるペニス成長ホルモンや遺伝子レベルの刺激ってどんなもの?

BLAZER-α Plusのけるペニス成長ホルモンや遺伝子レベルの刺激ってどんなもの?
BLAZER‐α Plusという育毛剤は典型的なシトルリン‐アルギニン系の精力増強サプリですが、公式サイトで解説されている効果に対する独自理論(?)に「あれっ?」と思って検証してみることにしました

シトルリンは体内でアルギニンに代謝されるアミノ酸であり、アルギニンの原料として作用することで勃起力をアップさせるとともに維持する効果が期待されると考えるのが一般的です。
アルギニンの精力増強効果といえば、アルギニンがシトルリンに代謝される際に発生する一酸化窒素による血管拡張作用が陰茎海綿体に血液の流入を促進することによって勃起力が高まるということが科学的に証明されているポイントです。

BLAZER‐αはペニスのサイズと硬さのアップを期待する人に有効とされるシトルリンやアルギニンを配合したよくあるタイプの精力増強サプリとして紹介されていますが、その論理的背景に他のアルギニン‐シトルリン系の精力増強サプリと異なる解説がされています。

  • 血流促進効果によって勃起時の膨張率をアップ!
  • 細胞を再生することで平常時の体積を増加!!
  • 遺伝子レベルからペニスに直接刺激を与える天然成分を特殊配合

一番目のシトルリンやアルギニンの血管拡張作用による血流促進効果は様々な精力増強サプリで言われていることですが、二番目の効果はアルギニンに「ペニス成長ホルモン」なるホルモンの分泌を促進すると解説されています。

三番目に至っては、遺伝子がどうやってペニスに刺激を与えることができるのだろうかと疑問に思わざるをえません。

これまで様々な精力剤や精力増強サプリを見てきた薬剤師さんでも分からないことがあるのですか?
科学的に証明されているようなことであれば分かるのですが、「ペニス成長ホルモン」なるホルモンの存在そのものが聞いたことも無いし調べても出てきません。また、遺伝子レベルでペニスに刺激を与えるという技術も聞いたことがありません
でも、2番目と3番目がなくなると、他のシトルリンやアルギニンを配合した精力増強サプリと同じになってしまいます
証明までは無理でも、新しい理論を打ち立てるだけの科学的背景があるのであれば画期的な精力増強サプリということになるのですが・・・

 

BLAZER‐α Plusに配合されている成分とは?

公式サイトにも成分一覧は掲載されていませんので詳細は購入してみなければわかりませんが、公式サイトに書かれている有効成分は以下の通りです

増大有効成分:L-シトルリン、マカ、ガラナ、スッポン、蟻粉末、サソリ、L-アルギニン、亜鉛
神経伝達を活性化する成分:竜眼肉、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-アスパラギン

配合されている成分を見る限り、L-シトルリン、アルギニン含有量の高いマカ、L-アルギニンが、精力増強成分の中心になっていることは明白で、アルギニンの効果をサポートする成分や性欲を亢進するような工夫もされている典型的なアルギニンーシトルリン系の精力増強サプリであることが分かります。

ところで、配合されている成分を見る限り遺伝子に影響するような成分は配合されておらず、BLAZER‐αを製造販売しているメーカーは単純に遺伝子レベルという言葉が好きみたいで、科学的な意味は無さそうです。

参照元:BLAZER‐α Plus 公式サイト
http://improve-lb.net/

竜眼肉というのは聞いたことがありませんが、他の成分は精力増強サプリでよく見る成分ばかりですね
竜眼肉については後程説明しますが、新しい理論を産み出すほどの成分ではありません。ご指摘のように、他の成分も珍しいものではありませんので、理論的なものがおかしいのではないかと考えて、公式サイトの解説そのものを検証したいと思います

 

アルギニンで分泌促進されるペニス成長ホルモンは存在するのか?

結論から申し上げると、「ペニス成長ホルモン」という呼び名の成長ホルモンが存在しているという科学的根拠はありませんが、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する効果は期待できます。

体内にアルギニンを取り込むことによって、老廃物の一つであるアンモニアを尿素サイクルによって尿素に変換して排出させるデトックス効果とアルギニンがシトルリンに変換されるときに発生する一酸化窒素によって起こる血管拡張によって血流が改善される効果のあることが知られています。

アミノ酸発酵で世界トップクラスといっても過言ではない協和発酵バイオのアルギニンの解説によると、科学的に証明されている生体内におけるアルギニンの機能は以下のように言われています。

  • エネルギー生産の促進
  • 成長ホルモンの分泌促進(免疫力アップとタンパク質合成の促進、筋肉増強など)
  • 血管拡張作用による生活習慣病の予防や男性機能の向上

このことからも分かるように、アルギニンにはデトックス効果や血流改善に加えて成長ホルモンの分泌促進効果もあり、それらの組み合わせで様々な健康効果があることがわかります。
もちろん、体内でアルギニンに変換されるシトルリンにも同様の効果が期待できます。

参照元:協和発酵バイオの健康成分研究所 アルギニンの持つ作用
http://www.kyowahakko-bio-healthcare.jp/healthcare/arginine/sayou.html

 

存在しないペニス成長ホルモンというもので何を言いたいのか?

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する効果があることは科学的に証明されていますが、成長ホルモンの働きには以下のものがあります。

成長に関する作用:たんぱく質の合成促進による筋肉の成長と骨の成長
代謝に関する作用:代謝の促進、血糖値の上昇によるエネルギー供給、体内の恒常性の維持、体脂肪の燃焼

参照元:ウィッキペディア 成長ホルモン
https://ja.wikipedia.org/wiki/成長ホルモン

BLAZER‐α Plusの公式サイトにおいて、ペニス成長ホルモンは「細胞組織の生成力を高め、海綿体の体積を増加」に関係すると書かれています。
実際のところ、そのようなデータは見当たりませんが、アルギニンの作用で増える成長ホルモンの作用によって海綿体を包むように存在する陰茎筋膜、浅陰茎筋膜といった筋肉が増強され勃起時にパワーアップしたように感じられるということかと推測されます。

変な話ですが、勃起したときのペニスは自分で意識して動かすことができ、動かすことでパワーアップしているように感じます
成長ホルモンも男性ホルモンも加齢とともに減少するということがあり、ペニス成長ホルモンというのは思春期のペニスの形成に作用する男性ホルモンと混同しているように感じられます
男性ホルモンの分泌促進にアルギニンが作用するということはないのですか?
そのような作用があるのかどうかは分かりませんが、現時点で、科学的なデータは存在していないようです
なるほどね。それでは、もう一つの疑問という「遺伝子レベルでペニスに刺激」というのはどうですか?

 

遺伝子を変異させるような成分が配合されていたら危険な精力増強サプリになってしまう?!

先に申し上げたように、遺伝子を変性させるような成分が含まれているわけではないので、BLAZER‐α Plusでペニスに刺激を与えるように遺伝子を変えるというのは不可能です。

そもそも、ホルモンや神経伝達物質と呼ばれるシグナル物質は、刺激や体から送られる情報によって、シグナル物質そのものやシグナル物質を合成するための遺伝子を発現させるように脳が指示を出しています。

言い換えれば、代謝に影響を与える亜鉛や覚醒に影響するカフェインが豊富なガラナ、アドレナリンの前駆体であるドーパミンの合成に利用されるL-フェニルアラニンなどが、性欲を亢進するための刺激になるということは考えられます。
しかしながら、これらの興奮と呼ばれる作用は血流アップや体温上昇などといった形で表面化するものであり、勃起力に影響するのは血流アップによるものです。

さらに、公式サイトではL-トレオニン、L-ヒスチジン、L-アスパラギンといったアミノ酸や竜眼肉もドーパミンに変換するように書かれていますが、これらの物質がドーパミンの合成に直接関与することはありません。
もちろん、酵素をつくるために必要なアミノ酸が配合されることで、L-フェニルアラニンからドーパミンを合成する反応を促進するという間接的な効果はあるかもしれませんが、それはマカやスッポンに含まれているアミノ酸でも十分かと思います。

ちなみに、竜眼肉というのは漢方薬にも使われる補血・滋養強壮効果のある生薬の一つで、糖質が多くエネルギーの供給に役立つと思われます。

珍しく批判的なことが多い記事ですが、メーカーの自社製品に対する理解が不足しているというお考えでしょうか?
アルギニンやシトルリンの勃起力アップ効果は血流改善によるものであって、海綿体を増量させるようなことは聞いたことがありません。脳からの指示によって遺伝子を発現させてドーパミンを合成する酵素合成を促すというのは理解できるのですが・・・
アルギニンやシトルリン、マカが配合されている時点で勃起力アップに効果があることは間違いなさそうですし、リニューアルしたBLAZER‐α Plusはシトルリンが増量されており、さらにパワーアップしているということですので効果に嘘はないように思います
そうですね。解説が怪しいというか正確でないというだけかもしれません。効果のほども、ペニスの筋力がアップしている状態で血管拡張によって勃起力が上がり、ペニスを動かすことができるのでサイズが大きくなったように錯覚しているということもあるのかもしれません
自社の製品のことぐらいはもう少し理解してほしいですし、新しい理論があるのであれば、それを証明する努力はしてほしいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です