ANASTASISはランペップとバイオペリンの働きで勃起力アップ!?

ANASTASISはランペップとバイオペリンの働きで勃起力アップ!?
今回ご紹介するANASTASIS(アナスタシス)という精力増強サプリは7種類の新旧の精力増強成分を配合した商品です。相乗効果によって「マカの6倍以上の精力アップ!」というキャッチに釣られて検証してみることにしました

ANASTASISというのは「立上がること」を意味するギリシア語だそうで、商品のキャッチコピーでも「そそりたつ自信と持久力!」をはじめとして、「昼も夜も”もっと激しく”たちあがりたい」といった具合に「立つ」というキーワードがやたらと使用されています。

言い換えるならば、勃起力改善を前面に押し出した商品名になっているようです。

さて、ANASTASISでは、30歳代から急激な精力減退の原因が「血流」にあるという考え方に基づいて、血流改善に焦点を当てて新旧の精力増強成分の組み合わせと配合比を見出した商品となっているそうです。

ANASTASISの中心となる成分はランペップマカ亜鉛の3種類で、この3成分を黄金比率で配合することでマカの6倍の効果を実感できると解説されており、3成分の黄金比率は特許取得済みと説明されています。
簡単に言えば、3成分の配合比を工夫することでマカの効果がアップするということかと思います。

そして、ランペップ、マカ、亜鉛の血流改善効果をサポートする成分として、バイオペリン(黒胡椒抽出物)黒ショウガ黒酢黒ニンニクの4種類の「ブラックパワー」が配合されており、そのことがANASTASISの特徴となっているようです

ランペップというのは最近よく見る新しい精力増強成分剤ですね
ランペップは株式会社ファーマフーズが開発した話題の血流改善成分で、本サイトでも紹介させていただいたKAIMENレッドドラゴンもランペップの効果を中心とした精力増強サプリです
ということは、ANASTASISもそれらと同じような効果があるということでしょうか?
そういうことかと思いますが、先ずは、ANASTASISという精力増強サプリの特徴について、ランペップに期待される効果と特許を踏まえて検証してみましょう

 

ANASTASISに期待される精力パワーとは?

公式サイトにはANASTASISのが特徴が支持される5つの理由という形でアピールされています。

ANASTASISが支持される5つの理由
  1. 3成分の相乗効果で実感力アップ
  2. 4種のBlackでさらに精力アップ
  3. 安心の100%国内製造(GMP認定)
  4. 薬ではないので副作用の心配なし
  5. 周囲にバレずに購入可能

正直なところ、後ろの3つはどの精力増強サプリでも同じで、特に、ANASTASISが優れているというわけではなく、この3つをクリアしているというのは当たり前の話かと思います。

というわけで、最初の二つの項目がANASTASISの特徴を表す重要なポイントということになります。

参照元:ANASTASIS(アナスタシス) 公式サイト

http://vo-shop.jp/lp/aff07/

 

精力回復のかなめともいえる特許取得の主要3成分とは?

ANASTASISの主要成分はランペップ、マカ、亜鉛の3種類ということですが、これらはKAIMENやレッドドラゴンにも配合されています。

マカと亜鉛は精力増強サプリの定番成分で、それそれの成分に期待される効果は以下の通りです。

  • マカ:血管拡張作用のあるアルギニンが豊富に含まれており、血流アップにより陰茎海綿体への血液の流入が活発になるために勃起力がアップする
  • 亜鉛:男性ホルモンであるテストステロンの合成や精子の産生に影響するミネラルであり、精子の産生が促進されることにより性欲の亢進も期待されます

そして、マカや亜鉛の効果はランペップと組み合わせることによって、足し算以上の効果、すなわち、相乗効果が期待されるということで、それが特許になっているということです。

そこで、気になるのが、公式サイトで「特許取得済」と強調されている特許の内容です。というのも、あたかも自社で取得したように紹介されていますが、販売しているバリューアウト株式会社はマーケティングやコンサルティングを主業としている会社で精力増強サプリを研究開発するような企業ではありません。

 

ANASTASISの主要3成分の特許とは?

公式サイトに特許番号と「NO産生促進組成物及びそれを含有する男性機能改善剤」という特許のタイトルの画像がありましたので、特許について調べてみました。

この特許はランペップを従来精力増強効果があると言われている成分と同時配合することで血液中のNO(一酸化窒素)の産生が促進されるというもので、特許出願人はランペップを製造販売している株式会社ファーマフーズです。

ランペップは卵白の酵素分解物であり、多種類のアミノ酸がバランスよく含まれている理想的なアミノ酸混合物であり、精力増強に欠かすことのできないアルギニンがマカの6.5倍以上含まれているということで、マカ以上のアルギニンによる血流アップ効果も期待できます。

さて、ランペップというのは株式会社ファーマフーズの登録商標であり、成分にランペップを配合しているという精力増強サプリはすべてこの特許を使用して精力増強サプリを製造販売しているということになります。
すなわち、ANASTASIS、KAIMENレッドドラゴンは主要3成分の効果に関してはどれも同じ効果が期待できるというわけです。

ただし、特許によると、ランペップの配合量は製品100g中に500㎎と固定されていますが、マカと亜鉛の配合量には幅があり、製品によって配合量は異なっているようです。

ちなみに、ANASTASISに配合されている3成分の配合量は、

  • ランペップ:500㎎
  • マカ:500㎎
  • 亜鉛:10㎎

参照元:Google Patents  「NO産生促進組成物及びそれを含有する男性機能改善剤 」
https://patents.google.com/patent/JP5383549B2/ja

どれを飲んでも同じならば、値段が安い方が良さそうです
ランペップを配合している効果という点ではどの製品も同じというだけで、各製品の差は主要3成分をサポートする成分にあります
なるほど!ANASTASISでは4種のBlackというわけですね
というわけで、4種のBlackについて検証してみましょう

 

ランペップの効果をサポートする4種のBlackとは?

Black(黒)という色を持つ天然成分である、バイオペリン(黒胡椒抽出物)黒ショウガ黒酢黒ニンニクの4種類が、ANASTASISの他のランペップ配合の精力増強サプリと差別化するための成分ということになります。

バイオペリン:ランペップ同様、最近注目の成分であり、様々な有効成分の吸収率を高める効果がある黒胡椒の抽出物です。バイオペリンを配合することによりランペップ、マカ、亜鉛の吸収率がアップし精力増強効果が現れやすいということになります。
黒ショウガ:クルクミンやアントシアニンといった抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれており、血流アップに有効です
黒酢:ランペップやマカと同じで、アミノ酸が豊富であるとともにアルギニンの含有量の多い成分です
黒ニンニク:本来、ニンニクに期待されるビタミンB1の吸収力アップによるエネルギーの増加に加え、発酵させることにより抗酸化活性の強いポリフェノールが血流アップに働きます

どの成分も血流アップや代謝力アップにつながる天然成分で、「そそりたつ」というANASTASISのキャッチコピーを実現するには理想的な成分と言えるのかもしれませんし、滋養強壮効果も期待できるサポート成分ですので総合的な元気も導き出してくれそうです。

特に、バイオペリンという黒胡椒由来のピペリンを抽出した成分は、サプリメントに配合される有効成分の効果を早めることから、様々な健康食品・サプリメントに配合されている注目の成分です。

なお、特許成分であるランペップを配合しているKAIMENやレッドドラゴンのオリジナリティーについては当サイトの以下の関連記事で詳細を解説しておりますので、ランペップを配合した精力増強サプリを試してみたいという方はそちらの方を参考にして自分に合った精力増強サプリを選ぶ参考にしていただければと思います。

参照元:ANASTASIS(アナスタシス) 公式サイト
http://vo-shop.jp/lp/aff07/
関連記事:KAIMEN(カイメン)の効果や口コミ評判・副作用を徹底分析【薬剤師解説あり】
https://seiryokuzai-first.com/zoukyou/kaimen/
関連記事:精力剤サプリ「レッドドラゴン」の口コミ評判・副作用を徹底分析【薬剤師解説あり】
https://seiryokuzai-first.com/zoukyou/reddragon/

結論としては、ANASTASISという精力増強サプリの効果は株式会社ファーマフーズの開発したランペップに依存しているということですね
ランペップの特許を見る限りはそういうことかと思いますが、ANASTASISはバイオペリンとランペップの組み合わせているというのが非常に興味深い商品であるように思います。バイオペリンは様々な健康食品の効果アップに貢献していると言われている成分ですので・・・・
ANASTASISの公式サイトにある「マカの6倍以上の精力アップ!」というキャッチコピーの6倍というのはどうやって比較したものでしょうか?
6倍の根拠については公式サイトにも詳細は記載されていませんが、ランペップに含まれているアルギニンの量がマカの6.5倍以上ということが根拠となっているのではないかと推測されます。ただ、アルギニンの血中濃度が効果に比例するというわけではないと思うのですが・・・
マカの6倍というのはリアルな根拠がある数字ではなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です