【検証】相席居酒屋で女性パートナー探しってアリ?3回行ってわかった3つの教訓

  •   
  •   
  • 【検証】相席居酒屋で女性パートナー探しってアリ?3回行ってわかった3つの教訓

昨年末、R30の相席居酒屋が登場していたという話題をお伝えしていたのですが、

男性機能改善に深くかかわる女性パートナー。

精力剤を試すだけでなく、女性パートナーができることで、男性としても自信を取り戻せ、性生活も充実する可能性が高いことから、今現在、パートナーがいない方の出会い探しに相席居酒屋は本当に使えるのか検証してきました。

1回では足りないと思いましたので、この夏、2週間ごとに3回行ってきました。

そのときのエピソードと、その経験から割り出した3つの教訓をお伝えしたいと思います。

 

まずは相席居酒屋に行った際の状況をカンタンにまとめてみます。

  • 1回目 相席屋A店 土曜の19:00に入店 3組の女の子グループとトーク
  • 2回目 相席屋A店 平日の21:00に入店 1組とトーク
  • 3回目 相席屋B店 土曜の21:30に入店 2組(実質1組)とトーク

このように合計6組(実質5組)12人(11人)の女の子と話すことができました

そこで、また、この体験から学んだことがありますので、みなさまの参考になればと思い、ここで共有してみたいと思います。

相席屋1回目:出会いを求め移動する遊牧民となる

初めての相席屋ということで、アプリをダウンロードして、初回クーポンを手に入れて、19:00ごろ入りました。

お店に入るとカウンターがあり、店員から「普通の席か、今なら奥のVIP席(個室)も使えるのですが、どうします?」と聞かれました。

VIP席はオプションで追加料金が発生するとのことで、断り、普通席に案内されました。

 

この日のこの時間帯は、女の子グループのほうが多かったらしく、いきなり料金カウント(相席)になりました。

1組目はOL風の落ち着いた雰囲気の2人。

買い物帰りに立ち寄ったらしく、アパレルブランドの紙袋を持っていました。

最初は店員がお酒を注いで持ってくるシステムで、お酒がテーブルに運ばれてきて乾杯となりました。

多少は食べるつもりで、相席屋に来ていたため、まずは食べるものを取りに行った(相席屋はバイキング形式)のですが…

 

思っていたのとちがいましたorz

チキンナゲットにカボチャサラダ? 居酒屋メニューというよりも、よくいえばホテルの朝食で出てくるようなおかずたちです。

ガッツリ食べられないな…

とテンションが下がります。

 

駄菓子も置いてありましたが、ここは食事をと考え、適当に選んで、皿に盛って、テーブルに戻ります。

食べながら話を進めていくのですが、最初ですので、お互い警戒を解きながらの、少しずつ情報を小出しにしながらの攻防戦です。

しばらく話していくと、共通点が出てきて、話が盛り上がりだしたのですが…

 

しばらくすると、店員がテーブルに来ました。

「今夜は女の子がたくさん来ておりまして、次のグループのテーブルに移動してください」

20分ほど時間が経って、せっかく盛り上がりだしたのに(笑) 仕方なく移動します。

 

2組目の女の子は、6組のなかで、いちばん若い2人でした。

一応、社会人でしたが、成人式を今年終えたばかりだといいます。

彼女らは、別のお店で食事は、きちんと済ませてきたらしく、お酒だけを飲んでいました。

 

はい。相席屋のシステムや実態を知り尽くした常連の女の子たちでした^^

彼女らは60代の男性とも相席したことがあるなど、相席屋の情報をいろいろと教えてくれました。

彼女たちとは、15分くらいでトークを終え、また移動となりました。

 

3組目は、同年代の女性。

話は合いそうだと思っていたのですが、彼女たちはオリ姫? カープ女子? プロ野球をこよなく愛する女子で、デイゲームを観戦した帰りに立ち寄ったそうです。

野球の話題についていけないorz

私は、野球試合の結果をたまにニュースで見るくらいですので、看板選手はわかりますが、詳しくありません。

内野席でゆっくり座って優雅に観戦したいタイプの私に対し、外野席でアクティブに応援したそうな女の子、絶対合わないよね… と思いつつ、この日の調査は終了としました。

そこから2週間後、2回目の検証に入ります。

 

相席屋2回目:二次会として臨んだ結果

2回目は、居酒屋に入って、おいしい肴とともに、おいしいお酒を飲み、上機嫌になったあと、平日の21:00、2度目の入店を果たします。

ハッキリいって、店内はガラガラでした。

 

「店員に女の子が来るかどうかわかりません」と念押しされたうえで入店します。

相席にならなければ無料ですので、お酒と駄菓子をつまみながら、男2人で待ちます。

 

待つこと25分、女の子がようやく来ました。

20代前半の2人組。

 

落ち着いた感じではなく、まだまだ遊びたい感じの学生の雰囲気が漂っていました。

若い女の子と相席になったときは、男性側が、女の子の話を聞く側に上手く回り、話を合わせてあげれたら、その場は楽しいと思います。

この日は、この1組の女の子たちだけで終了としました。

 

平日は、22:00くらいの入店でちょうどいいかもと思いました。

終電が間に合うくらいに店をあとにする感じ、もう少し、遅い時間帯に照準を定めて利用したほうがよさそうだと思いました。

さらに、その2週間後、今度は土曜日、別のお店を検証します。

 

相席屋3回目:雨のち晴れ

今度は、他店での検証をと思い、別の場所にある相席屋を利用してみました。

 

1回目・2回目の相席屋とは、

 

  • 店内全体が盛り上がっている
  • 食事メニューのクオリティが高く見えた(唐揚げをはじめて見た)

この2点が、ちがいました。

土曜日の21:30に入ったのですが、店内は盛況でした。

 

これが相席屋の本当の姿なのでしょう。

待っている女の子グループがいるとのことで、いきなり相席になります

しかし… 女の子から、こう告げられたのです(笑)

 

私は食事をするために相席屋に来ました

こういう女の子たちもいるんだということを知っておくといいです。

要は、次の予定までの暇つぶし、腹ごしらえで来ていただけの2人でした。

1人の女の子は3分もしないうちに目も合わせず黙々と大きな唐揚げを2つも平らげてしまいました。

 

もう1人の女の子は終始「すみません」という顔をしていました。

予定の時間に近づいていたらしく5分ほどで退席されました。

万が一、こういう女の子たちだったときは、店員にチェンジの要望を早めに出しましょう。

 

フリだったということ?

わるいことがあればいいことがある、今思えば、そのフリだったような気もします。

2組目の女の子たちが来たのは1組目の退席から5分もかかりませんでした。

テンションが下がっていたなか、やってきたのは2人とも30代の女性です。

ちょっと警戒しているっぽい? やばい、これは負の連鎖なのかな…

 

しかし、2組目は、いい出会いでした。

「お酒、何頼んだの?」

「とりあえずビールです^^」

 

その心配は杞憂なものでした。

話してみると、しっかりと受け答えをしてくれる性格のいい女の子たちだったからです。

何から話したらいいかわからない、その場で悩んでしまう男性の方は、とりあえずお酒の話題から入ると反応がいいみたいです。

しばらくして、お互い年代が近いことがわかると、一気に打ち解けました。

打ち解けると会話には困ることがなく、趣味の話、仕事の話、テレビの話、芸能人の話と、世間話に花が咲き、盛り上がりました。

最後は、しっかりと電話番号の交換をして相席屋をあとにしました。

 

3回、相席屋に行ってわかった3つの教訓

最後に、これから相席屋に行こうと思っている方に3つの教訓をお伝えします。

 

1.しっかりと食事をとってから行くべし

空腹のままだと、提供されている食事のクオリティにがっかりするかもしれません。

待ち時間もイライラが増します(多分)。

相席屋はあくまでも2次会で女の子とトークをするために行くんだと割り切りましょう。

 

2.移動のことを考え、できるだけ食事メニューは取りすぎない

急に店員から「移動をお願いします」といわれることがあります。

1回目のとき、大きな皿とグラスを両手に持って移動したのですが、こぼさないように慎重に移動するさまは、スマートさとはきっとかけ離れていた姿だと思います。

 

最初から小さな皿に2~3品をのっけておき、スグに食べることです。

なるべく移動の際は、すばやく口の中に入れ、皿は持っていかないように対処したいものです。

 

3.気に入った女の子には連絡先を渡してみる

合コンだったら最後に連絡先を交換できるのですが、急に店員から「移動」を命じられるのが相席屋です。

もしも気に入った女の子たちであれば、移動時にササッとプライベート仕様の個人名刺を渡してしまいましょう。

女の子も気に入ってくれていたら、あとから、きっと連絡をくれるでしょう。

 

つまるところ、相席屋でパートナーは見つかる?

私も12人に出会って2人の連絡先を獲得しましたが、実質10人と出会って、同年代の女性との出会いは6人でしたので、実質的な確率は2/6で、3分の1だったといえます。

店員に女の子に関する要望をいうことはできますけど、店員も来店している女の子のなかからできるかぎりの対応をするしかありません。

また、どうやらVIP席の男性グループの要望と重なってしまった場合、VIP席が優先されるようです。

普段、女の子と出会うきっかけがまったくない方は、相席屋などに行かれたほうが経験も積め、免疫もできますので、その点ではメリットはあります。

この記事を読まれて、相席屋に行ってみたくなった方は、ぜひ、気の置けない友人・仲間と一緒に楽しまれてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です