【薬剤師執筆】性器ヘルペス感染症の症状と治療法・男女別の感染事例

ヘルペスウイルスが感染して起きる病気にはいくつか種類がありますが、そのうち性行為により感染する病気―性行為感染症であるのが「性器ヘルペス」です。

原因となるヘルペスウイルスにいったん感染してしまうと、性器ヘルペスの再発を繰り返すことが少なくありません。感染していても症状が出ない時期もあるため、お互いに感染に気づかず性行為の相手に病気が移ることもあります。

また、子どもが生まれるときに原因ウイルスに感染すると、その20~30%は命にかかわる結果となることが知られています。

※この記事は現役薬剤師が執筆しています。

性器ヘルペス感染症の症状の特徴

ヘルペスウイルスにはさまざまな種類があり、性器に症状をあらわすものばかりではありません。疲れたときに口唇のまわりにぶつぶつや水ぶくれができる口唇ヘルペスや、からだの片側にだけぶつぶつや水ぶくれが帯状にできる帯状疱疹も、ある種類のヘルペスウイルスによるものです。

性器にぶつぶつや水ぶくれを起こす種類のヘルペスウイルスに感染すると、性器に症状があらわれるようになり、これが「性器ヘルペス」とよばれているものです。

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染して初めて症状があらわれたとき(初発)と、いったん症状がおさまってから再度症状があらわれたとき(再発)とでは、症状の程度に違いがあります。初発では激しい症状があらわれますが、再発の場合はそれほど激しい症状ではありません。

 

男性器の症状

ヘルペスウイルスをもつ相手と性行為を行ったとき、すぐにではなく2日から10日がたってから、亀頭や陰茎がかゆくなり1~2mmの水ぶくれがいくつかできてくるのが、性器ヘルペスの症状です。水ぶくれはさらに2日ほどでつぶれてつながり大きく円形にただれて痛むようになり、症状が出てから1週間後ぐらいまで症状は激しくなっていきます。その間、足の付け根がはれたり、尿道から分泌物も出るようになります。

いったん症状がおさまったあとで再発したときには、亀頭や陰茎だけに症状が出るわけではありません。お尻や太ももにも水ぶくれやただれがあらわれることがあります。症状は初発時よりは軽く、1週間ほどでおさまります。

 

女性器の症状

女性の性器ヘルペスの症状は、性行為でヘルペスウイルスに感染してから、2日から10日たって、突然、大小陰唇から会陰のあたりに水ぶくれやただれが数多くできてきます。膣の中や子宮、膀胱にまで感染がひろがることも少なくありません。熱が38℃以上になることもあります。

痛みは強く、排尿もしづらくなり、足の付け根もはれて痛くなります。場合によっては、歩くこともままならないほど、症状は激しくなります。このような症状はおさまるまでに2~3週間かかります。

いったん症状がおさまったあと再発した場合は、性器やお尻、太ももに、小さいただれや水ぶくれがいくつかできるだけで、1週間ほどで治ることが多いのですが、10日以上かかる場合もあります。再発する頻度は1年に1~2回のこともあれば、1か月に2~3回のこともあり、一概にはいえません。性器ヘルペスの症状があらわれる前に、性器の違和感や、太ももや足のピリピリした痛みといった前兆を感じることもあります。

 

性器ヘルペス感染症の感染原因

性器ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスは、性行為により感染します。感染していても症状があらわれていないと、性行為時にお互いに感染に気づかず、ヘルペスウイルスが移ってしまうことがあります。コンドームを使うことがおすすめですが、再発時には性器だけでなく、お尻や太ももにも症状があらわれますので、コンドームだけでは感染を完全に防ぐことはできません。

いったん症状がおさまってから再発するのは、からだの中にヘルペスウイルスがひそんでいて、自分の免疫力の低下や性器への何らかの刺激がきっかけとなり、ヘルペスウイルスが増えて症状があらわれてしまうためと考えられています。免疫力が下がる原因には、からだの疲れ、月経前、飲酒、ストレスなど、さまざまなものがあります。

また、妊婦がヘルペスウイルスに感染している場合、分娩時に性器ヘルペスの症状が性器にあらわれていると、自然分娩では子どもに感染することがあります。

 

性器ヘルペス感染症の治療法

性器ヘルペスにかかったとわかった場合には、できるだけはやく、原因となるヘルペスウイルスが増えるのを防ぐ薬を使って治療します。

 

初めて症状が出たとき(初発)

薬を使うと症状がおさまるまでの期間を短くすることができます。たとえば、症状がおさまるまで2~3週間かかる女性の初発の場合、薬を使うと1~2週間で症状がおさまります。このような薬を使っても、神経節に潜伏してしまったウイルスを倒すことはできないため、再発すると考えておいたほうがよいでしょう。

アシクロビル (商品名:ゾビラックス)

1回200mgを1日5回5日間飲む薬です。初めて症状が出たときには重症化しやすいため、10日間飲むこともあります。

1日に5回決められた時間に飲むのですが、飲み忘れても2回分を一度に飲んではいけません。飲み忘れに気づいたときに1回分を飲み、次に飲む時間が近い場合は、飲むのを1回とばすようにしましょう。

重症の場合には、注射用のアシクロビルを使います。

バラシクロビル(商品名:バルトレックス)

バラシクロビルはからだの中に入るとアシクロビルに変わって効果をあらわす薬で、1回500mgを1日2回5日間飲みます。初めて症状が出たときには重症化しやすいため、10日間飲むこともあります。

飲み忘れても、2回分を一度に飲んではいけません。飲み忘れに気づいた時間が次に飲む時間に近いときは、飲むのを1回とばすようにしましょう。

ファムシクロビル(商品名:ファムビル)

1回250mgを1日3日5日間飲む薬です。飲み忘れても、2回分を一度に飲んではいけません。飲み忘れに気づいた時間が次に飲む時間に近いときは、飲むのを1回とばすようにしましょう。

 

症状が2回目以降のとき(再発)

性器ヘルペスの症状が出てから1日以内に薬を飲み始めると効果がみられます。性器の違和感や太ももや足のピリピリした痛みなどの前兆を感じたなら、すぐ飲むと症状があらわれずに済むこともあるのですが、6時間以上たってからでは飲んだ人の20%に抑制効果があるにとどまるという報告があります。性器ヘルペスにかかったことがある場合には、前兆を感じたらすぐに飲めるよう、薬は手元においておくようにしましょう。

アシクロビル (商品名:ゾビラックス)

1回200mgを1日5回5日間飲みます。飲み忘れ時の対応は、初発時と同様です。

小児では性器ヘルペスの再発抑制に使うことができますが、体重40kg以上の場合に限られています。

バラシクロビル(商品名:バルトレックス)

1回500mgを1日2回5日間飲みます。飲み忘れ時の対応は、初発時と同様です。

1年間に6回以上再発する患者さんの場合は、再発抑制のため1回500mgを1日1回継続して飲む方法があります。1年に10回以上再発を繰り返している患者さんでは、薬で再発を抑制していたとしても再発することがあります。

その場合は一時的に薬の量を治療の際と同じ1回500mg、1日2回に戻して様子を見るようにします。さらに再発の頻度が多い場合には、「1回250mg、1日2回」あるいは「1回1000mg、1日1回」で再発を抑制することが検討されます。

ファムシクロビル(商品名:ファムビル)

1回250mgを1日3回5日間飲みます。飲み忘れ時の対応は、初発時と同様です。

アシクロビル軟膏(商品名:ゾビラックス軟膏)

症状が軽いときに使う薬で、症状があらわれた場所に1日数回、5~10日間塗ります。早く治すためというより、症状があらわれた場所を保護する意味合いで使われます。

 

妊娠している場合

妊娠時にヘルペスウイルスに感染している場合、母体から生まれてくる子どもへの感染はできるだけ防ぐようにしましょう。

生まれてくる子どもがヘルペスウイルスに感染すると新生児ヘルペスとなることがあり、その20~30%は死亡してしまうことが知られています。性器ヘルペスの症状があらわれているときに通常分娩をした場合の子どもへの感染リスクは、初発で50%・再発で0~5%といわれています。

症状があらわれているときに子どもへの感染を防ぐには、分娩を帝王切開で行うことが1つの方法です。薬で治療する方法は、「薬で奇形を発生する危険性」と「薬で新生児ヘルペスを防ぐ有益性」を比べて、患者さん自身と医師などとの話し合いで決定していきます。

再発抑制のため薬を飲んでいるときに妊娠した場合は、念のため、薬を飲むのは中止することがすすめられています。

なお、性器ヘルペスに使う薬のうち、アシクロビルは奇形を発生する危険性はほぼないと考えられており、からだのなかでアシクロビルに変わるバラシクロビルも同様とされています。

 

免疫抑制状態の場合

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染している患者さんなど、免疫が弱まっている場合には、薬の使い方が異なります。

初発のときには、アシクロビルを1日3回点滴で7~14日間使い、再発抑制にはバラシクロビルが1回500mg、1日2回で使われています。

 

性器ヘルペス感染症の感染事例

性器ヘルペスの原因ウイルスに感染した患者さんの事例をもとに、性器ヘルペスの症状・治療・その他の注意事項について、具体的におさらいしていきましょう。

 

30歳台の独身男性、性器ヘルペス(初発)

症状

最初は陰茎に少しかゆみと数個の水ぶくれができて気になっていました。3日後、水ぶくれは十数個に増え、さらにただれて痛みも出てきたため、受診した患者さんです。

治療

医師の診察のなかで、10日前に性行為感染症にかかる可能性のある性行為を行っていたことがわかりました。性器ヘルペスの治療のため、バラシクロビルが5日分処方されました。

その他の注意事項

性行為の際には、コンドームを使うよう医師から指導されました。性器ヘルペスの症状はおさまっても、からだの中からヘルペスウイルスが完全にいなくなるわけではないので、性行為の相手への感染を防ぐために必要なことだという説明を受けました。

 

20歳台の女性、性器ヘルペス(初発)

症状

急に大小陰唇にできた水ぶくれがつぶれてただれてしまい、排尿するときには痛みもあります。熱は38.2℃まで上がっていました。特に性器の症状が心配になり、受診した患者さんです。

治療

医師が診察すると、外性器のただれに加えて、足の付け根もはれていました。問診により1週間前に初めて性行為をした相手がいたことがわかりました。

医師は性器ヘルペスと診断し、アシクロビルを5日分処方しました。5日後に医師は再度診察し、アシクロビルをさらに5日分処方しました。薬による治療の結果、症状は受診してから2週間ほどでおさまりました。

その他の注意事項

医師は、症状がおさまってもからだの中にはヘルペスウイルスがいるため、症状があらわれたらすぐに受診すること、性行為の相手の性器にときどき水ぶくれができているようなら受診をすすめてほしいと伝えました。

 

30歳台の女性、性器ヘルペス(再発)

症状

20歳台の終わりごろに性器ヘルペスにかかったことのある患者さんです。その後、1年に2回ほど性器にぶつぶつや水ぶくれが数個できることがありましたが、いつも処方されたアシクロビル軟膏を使って1週間程度で症状はおさまっていました。

2年ほど前から次第に症状があらわれる頻度が増え、最近1年間では2か月に1回ほど、症状があらわれるようになっています。このまま再発の回数がどんどん増えていくのではないかと不安になり、受診しました。

治療

医師は、1年に6回以上性器ヘルペスが再発するようになったことから、性器ヘルペスの再発を防ぐ治療を患者さんにすすめました。患者さんは医師の説明を聞いて納得し、バラシクロビルを1日1回500mg飲む治療を行い、定期的に診察を受けながら1年間様子を見ることになりました。

その他の注意事項

医師からは、体調がよくなったと思っても指示どおりに飲み続けること、薬を飲んでいてもからだの中にはヘルペスウイルスがいて性行為の相手に感染するおそれがあるため、性行為の際はコンドームを使うように説明がありました。

また、薬を飲んでいても再発した場合、薬を飲む量を増やす必要があるため、すぐに受診するよう伝えました。

参考文献

  • 性感染症 診断・治療ガイドライン2016(日本性感染症学会)
  • 各医薬品添付文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です