【薬剤師執筆】性器カンジダ症の症状と治療法・男女別の感染事例

性器カンジダ症はカンジダ菌によって性器に症状があらわれる病気です。

女性に特有ですが、男性がかからないわけではありません。性行為によってカンジダ菌が感染することがあるため、性行為感染症ともいえます。

しかし、カンジダ菌はすでに多くの人が体内に持っており、何らかの原因でカンジダ菌が増えたときに症状があらわれる病気といってよいでしょう。

症状があらわれた場合は1~2週間の薬物治療を行うと治ります。ただし、少数ですが再発を繰り返すことがあります。

その場合は治療が難しいため、さまざまな方法を組み合わせて治療を行っていくことになります。

性器カンジダ症の症状の特徴

性器カンジダ症は、カンジダアルビカンスやカンジダグラブラータといったカンジダ属の菌(以下、カンジダ菌)が感染することによっておこる感染症です。

女性に多い病気なのですが男性にも見られます。

 

女性器の症状

女性の場合の特徴的な症状は、外陰部や膣がとてもかゆくなり、おりものが増えることです。

外陰部と膣に症状があらわれるため、外陰膣カンジダ症とよばれます。おりものは、酒粕(さけかす)状、カッテージチーズ状と表現されるような、白い塊ができてきます。

外陰部や膣に焼けるような熱さや痛みを感じることもあり、性交時や排尿時には痛むこともあります。

とてもかゆいため、外陰部をかいて引っかき傷をつくってしまうこともあるでしょう。外陰部は、多少むくんだり、はれたりします。

このような症状があらわれている状態が外陰膣カンジダ症です。カンジダ菌に感染していても必ずしも症状があらわれるわけではないため、症状があらわれていない場合は外陰膣カンジダ症とは診断されず、治療の必要はありません。

 

男性器の症状

男性の場合は、一般的な状態では、性器にカンジダ菌がいても症状があらわれることは少ないといってよいでしょう。

症状があらわれるのは、包茎、糖尿病、免疫をおさえる副腎皮質ステロイドを使っているとき、体力が落ちているときなどです。

具体的な症状は、亀頭の炎症で、かゆみや違和感が出てきます。亀頭冠状溝のあたりや亀頭が赤くはれたり、赤い発疹や水疱ができたり、ただれたりします。

 

性器カンジダ症の感染原因

性器カンジダ症はカンジダ菌の感染により引き起こされる病気ですが、外陰膣カンジダ症は性行為だけにより感染するわけではありません。

外陰膣カンジダ症の約5%が性行為により感染したものであるという報告があります。

カンジダ菌は多くの人で腸内に常在しているため、排便後に肛門から前にふくことで、肛門から外陰部や膣にカンジダ菌が感染することもあります。

また、通常は症状があらわれなくても、抗生物質を飲んで他の菌をおさえてしまうと、かわりにカンジダ菌が増えてしまうことも症状があらわれる原因としてよく知られています。

 

性器カンジダ症の治療法

カンジダ菌に感染しているかどうかは、女性の場合は膣内容を、男性の場合は、亀頭冠状溝のあたりを綿棒でこすったものを、顕微鏡で見たり培養したりすることで検査します。

カンジダ菌に感染していることがわかり、性器カンジダ症の症状があらわれている場合は、カンジダ菌をおさえる薬を使って治療を行います。

 

女性の初回の外陰膣カンジダ症

外陰部を清潔にし、刺激のある石けんや性交渉は避けて安静にすることが必要です。通気性のよい素材の下着を着用することもよいでしょう。

外陰膣カンジダ症の薬は市販されていますが、似たような症状の他の性行為感染症(トリコモナス膣炎、細菌性膣症)との見極めが必要です。はじめて外陰膣カンジダ症の症状があらわれた場合は、医師を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

 

膣錠・膣坐剤による連日治療

連日通院して、膣洗浄後に膣錠あるいは膣坐剤を膣内に挿入する方法です。

クロトリマゾール(商品名:エンペシド膣錠)

1日1回100 mg錠1錠を、膣内に挿入します。

6日間連続して使いますが、場合によっては延長します。

ミコナゾール硝酸塩(商品名:フロリード膣坐剤)

1日1回100 mg膣坐剤1個を膣内に挿入します。

6日間連続して使いますが、菌が再出現しないようにするには14日間連続して使うことがすすめられています。

イソコナゾール硝酸塩(商品名:イソコナゾール硝酸塩膣錠)

1日1回100 mg膣錠1錠を膣内に挿入します。

6日間連続して使いますが、効果が十分でない場合は、さらに6日間連続して使います。

オキシコナゾール硝酸塩(商品名:オキナゾール膣錠)

1日1回100 mg膣錠1錠を膣内に挿入します。

6日間連続して使いますが、効果が十分でない場合は、さらに6日間連続して使います。

 

膣錠による週1回治療

毎日通院できない場合には、通院時に膣洗浄を行い、週1回でよい膣錠を膣内に挿入して治療します。

イソコナゾール硝酸塩 (商品名:アデスタン膣錠)

膣洗浄後に300 mg錠2錠を1週1回膣内に挿入します。

効果が十分でない場合は、再度、同量を使用します。

オキシコナゾール硝酸塩(商品名:オキナゾール膣錠)

膣洗浄後に600 mg錠1錠を1週1回膣内に挿入します。

効果が十分でない場合は、再度、同量を使用します。

 

飲み薬による治療

1回だけ飲めば効く薬を使って治療します。

フルコナゾール(商品名:ジフルカン)

150 mg錠を1錠飲みます。妊婦や妊娠する可能性のある人には使用することができません。

また、睡眠薬や血液をさらさらにする薬など飲みあわせの悪い薬がたくさんあります。

他の薬を飲んでいる場合は、医師や薬剤師に確認するようにしましょう。

薬を飲んだ後、4~7日後に症状が改善していない場合は、他の薬を使って治療するようになります。

 

塗り薬による治療

膣錠、膣坐剤を使う際には、塗り薬も使います。

1日2~3回外陰部に塗るようにしましょう。

塗り薬一覧
  • クロトリマゾール(商品名:エンペシドクリーム)
  • ミコナゾール硝酸塩(商品名:フロリードDクリーム)
  • エコナゾール硝酸塩(商品名:パラベールクリーム)
  • オキシコナゾール硝酸塩(商品名:オキナゾールクリーム)

 

女性の再発を繰り返す外陰膣カンジダ症

外陰膣カンジダ症を治療してなおっても、少しだけ残っていたカンジダ菌が増えて症状があらわれることがあります。

また、自分の腸管に常在するカンジダ菌が新たに外陰部や膣にうつったり、感染している相手との性行為により、カンジダ菌がうつったりして症状があらわれることもあります。

 

市販薬による連日治療

以前に外陰膣カンジダ症の治療を受けたことがある場合は、再発したときに市販の薬を使うことができます。

ただし、15歳未満の場合は初回かもしれないため自己判断で使うことはできません。

また、60歳以上の場合は他の病気、あるいは他の菌とカンジダ菌とが一緒に感染している可能性も考えられて自己判断が難しいため、使うことはできません。

なお、再発の回数が2か月以内に1回、または6か月以内に2回の場合は、再発の回数が多く治療が難しくなることが考えられるため、医師を受診するようにしましょう。

クロトリマゾール(商品名:エンペシドL)

膣カンジダ症の薬で、1日1回6日間、寝る前に膣錠1個を膣の奥まで挿入します。

入浴するか、ぬるま湯で洗って清潔にしてから使います。6日間連続して使い、3日間で症状が改善しないか6日間使っても治らない場合は医師の診療を受けるようにしましょう。

ミコナゾール硝酸塩(商品名:メディトリートなど)

膣に症状がある場合は、1日1回6日間、寝る前に膣坐剤1個を膣の奥まで挿入します。

外陰部に症状がある場合は、クリーム剤を1日2~3回塗ります。

外陰部と膣の療法に症状がある場合は膣坐剤とクリーム剤を両方使うようにします。

薬を使って途中で症状がなくなったとしても6日間続けることが必要です。

3日間で症状が改善しないときや6日間使っても治らない場合は医師の診療を受けるようにしましょう。

イソコナゾール硝酸塩(商品名:フレディCC)

膣に症状がある場合は、1日1回6日間、寝る前に膣錠1個を膣の奥まで挿入します。

外陰部に症状がある場合にはクリーム剤を1日2~3回塗ります。

6日間連続して使い、3日間で症状が改善しないか6日間使っても治らない場合は医師の診療を受けるようにしましょう。

オキシコナゾール硝酸塩(商品名:フェミニーナ膣カンジダ錠など)

膣カンジダ症の薬で、1日1回6日間、寝る前に膣錠1個を膣の奥まで挿入します。

6日間連続して使い、3日間で症状が改善しないか6日間使っても治らない場合は医師の診療を受けるようにしましょう。

 

処方薬による治療

再発の回数が2か月以内に1回、または6か月以内に2回というように、再発を繰り返す場合には、まず、外陰膣カンジダ症を引き起こす原因(抗生物質、副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬、糖尿病、感染しているパートナーとの性交渉、通気性の悪い下着など)をとりのぞくことを考えます。

次に、初回の外陰膣カンジダ症の治療に使った薬では効かないことが考えられるため、初回の治療とは異なる薬を使用します。

さらに、排便後に腸管に常在するカンジダ菌が外陰部や膣にうつってしまう可能性を根本的になくすため、腸管内のカンジダ菌を除菌することも考慮します。

アムホテリシンB(商品名:ハリゾン)

1回100 mg錠1錠を1日2~4回飲むことで、腸管内のカンジダ菌を除菌します。

アムホテリシンBは飲んでも吸収されないため、腸管内の除菌はしても、外陰部や膣のカンジダ菌への効果はないと考えられています。

 

妊娠中の膣カンジダ症

36週以降で、膣内に多量にカンジダ菌がいる場合には、出産時の子どもへの感染を防ぐために、薬で治療します。

出産時にカンジダ菌が子どもに感染すると、抵抗力が弱い場合にはカンジダ菌が全身に感染し重い症状になることがあるからです。

妊娠中の治療には、飲み薬は避けて、膣錠、膣坐剤、軟膏剤、クリーム剤を使うようにします。

 

男性の場合

亀頭冠状溝のあたりや亀頭に症状があらわれた場合には、シャワーで洗い流して清潔にするとともに、軟膏剤やクリーム剤で治療します。

男性で症状があらわれる場合は、包茎、糖尿病、副腎皮質ステロイドを使っているなどの原因があることが多いため、その治療も考えるようにします。

 

性器カンジダ症の感染事例

カンジダに感染した患者さんの事例をもとに、性器カンジダ症の症状・治療・その他の注意事項について、具体的におさらいしていきましょう。

 

20歳台の女性、初回の膣カンジダ症

【症状】

数日前より膣内がかゆく、白いカッテージチーズ状のおりものが出るようになったため、受診した患者さんです。

症状があらわれる直前には数日間抗生物質を飲んでいました。

【治療】

医師は問診と膣内容の検査結果から、膣カンジダ症であると診断しました。患者さんは毎日通院することができないため、妊娠していないことを確認のうえ、1回だけ飲めばよいフルコナゾールを処方されました。

1週間後の再診時に、症状がなくなっていることを確認し、治療が終わりました。

【その他の注意事項】

医師は、排便後は前から後ろにふくこと、通気性のよい素材の下着を使うこと、刺激の少ない石けんを使って清潔に保つことを指導しました。

 

30歳台の女性、再発した外陰膣カンジダ症

【症状】

外陰部と膣に強いかゆみがあり、酒かす状の白いおりものがあらわれました。

1年以上前に膣カンジダ症と診断され治療を行ったことがあったため、薬局で以前に使った処方薬と同じ成分の市販の膣カンジダ症膣坐剤を購入し、1日1回1個を寝る前に膣に挿入しました。

しかし、3日間たっても症状の改善が見られないため、受診した患者さんです。

【治療】

医師は、使用した市販の膣カンジダ症膣坐剤だけでは、外陰部の治療ができていないことを患者さんに伝え、いままで使ったものとは異なる成分の膣坐剤とクリーム剤を処方しました。

6日間、膣坐剤とクリーム剤を併用した結果、症状がおさまりました。

【その他の注意事項】

医師は体が疲れたり免疫が落ちたりすると膣カンジダ症が再発することがあるため、無理をしない生活をしたほうがよいことを指導しました。

通気性のよい素材の下着を使うことや、刺激の少ない石けんを使って清潔に保つことを注意しました。

また、症状がある間は性行為を避けるよう、性行為のパートナーに症状があらわれている場合は、パートナーも受診するようすすめました。

 

参考文献

  • 性感染症 診断・治療ガイドライン2016(日本性感染症学会)
  • 各医薬品添付文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です