【薬剤師執筆】性器クラミジア感染症の症状と治療法・男女別の感染事例

性行為によって感染する病気―性行為感染症にはさまざまなものがありますが、日本でいちばん患者さんの数が多いのが「性器クラミジア感染症」です。

性器クラミジア感染症は、感染していても自分では症状を感じないことが少なくありません。また症状が軽いからといってほうっておくと不妊症になる危険性もあります。

性器クラミジア感染症は、感染がわかったらすぐに治療すること、性行為の相手とともに治療することが必要な病気です。

※この記事は現役薬剤師が執筆しています。

性器クラミジア感染症の症状の特徴

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマティスという細菌(以下、クラミジア)が感染することによっておこります。

男性、女性を問わず感染する病気ですが、感染しても自分でわかる症状が出ないことが多いのが特徴です。そのため、感染していることに気づかず、他の人にうつしてしまうことが少なくありません。

 

男性器の症状

男性では、クラミジアは一般的に尿道から感染します。感染してから症状があらわれるまでに1~3週間かかり、感染しても急に強い症状があらわれることはありません。はじめは尿道のかゆみなどの不快感や、排尿する際の軽い痛みなどを感じることが多いでしょう。尿道からの分泌物は、さらっとした場合も、少し粘り気がある場合もあります。量は特に多いわけではありません。

クラミジアが、さらに尿道から精管をとおって他の場所―精巣上体(尿道と精巣がつながる間にある)にまで感染すると、そこがはれたり、熱が出るようになります。ただし、発熱の程度はさほど高いものではありません。

 

女性器の症状

女性では、膣からクラミジアが体の中に入り、まず子宮に感染します。感染してから1~3週間で、さらさらのおりものが増えてきます。不正出血や下腹部の痛み、性行為のときの痛みがあらわれる場合もありますが、クラミジアが感染した女性の約半数以上は、自分で症状を感じるほどではありません。

その後、クラミジアは子宮から卵管をとおって、子宮のまわりにも感染します。さらに、おなかの上のほうにクラミジアの感染がひろがっていくと、肝臓の表面にまで達して、急に重症の肝臓周囲炎という病気がおこることがあります。

クラミジアに感染した当初は、自分で症状を感じることは少ないのですが、このようにおなかの中にまで感染がひろがり、クラミジアの量が増えてしまうと、下腹部やおなか全体に強い痛みを感じるようになります。その痛みは強烈で、救急車で病院を受診しなければならないほど、痛いものです。

卵管にクラミジアが感染してはれた場合には、卵管の動きが悪くなる・狭くなるなどの後遺症がみられます。卵管は卵巣から子宮につながっている管で、この中で卵巣から出た卵子と卵管に入って上ってきた精子が出会って受精卵となる場所です。

受精卵は卵管をとおって子宮に向かうのですが、卵管が狭いと受精卵が子宮にまでたどり着けません。そのため、卵管が原因の不妊症となることがあります。

また、卵管妊娠という子宮外妊娠になった場合には、手術が必要になります。手術をして卵管を切除してしまった場合には、左右2つある卵巣のうち1つの卵巣から出てくる卵子は精子と出会うことができなくなるため、妊娠する確率は下がってしまいます。左右両方の卵管を切除してしまうと、まったく自然妊娠は見込めなくなり、妊娠するには人工授精を行うことが必要になってしまいます。

妊娠中にクラミジアに感染することもあるでしょう。その場合は、子宮が収縮してしまい、流産や早産が起こることにつながります。また、出産する際にクラミジアに感染していると、子どもが生まれるときに、クラミジアに感染してしまい、新生児結膜炎や新生児肺炎がおこることもあります。

このように、女性の場合のクラミジアの感染は、さまざまな病気を引き起こし、後遺症もあり、子どもにも影響を与えるため、感染がわかったら、すぐに治療をするようにしましょう。

 

のどの症状

のどや扁桃腺がはれて、その症状が長く続く場合、クラミジアが感染していることがあります。のどや扁桃腺がはれたときに医師にかかると、一般的には最初は多くの菌を殺す抗生物質での治療が始まります。

それでも治らない場合があり、そこではじめて、クラミジアの検査をして、クラミジアだとわかることがあるのです。最初の抗生物質では治らない患者さんのうち、約3分の1はクラミジアの感染が原因とされています。

 

眼の症状

クラミジアは眼の病気―トラコーマの原因にもなりますが、消毒に気を配るのが当たり前の日本では、現在は患者さんの数は少なくなっています。

眼に感染した場合には、まぶたや眼の表面のむくみや目やにが出て、しだいに眼の表面にブツブツができ、最終的には視力が低下してしまいます。

トラコーマがはやっていた時代では、トラコーマの患者さんが使ったタオルを家族でも共用しないという注意がなされていました。これは、クラミジアの眼の病気が少なくなった現在でも、注意するに越したことはありません。

 

性器クラミジア感染症の感染原因

性器クラミジア感染症は、クラミジアに感染している相手との性行為によって感染します。

コンドームを使わずに性行為を行うことで相手の尿道や膣に感染します。また、フェラチオやクンニリングスなど口を使った性行為は、感染している相手の性器に接触することになるので、のどにも感染することになります。さらに、ディープキスにより、のどからのどに感染することもあります。

クラミジアは、感染しても、1~3週間の潜伏期間があることに加えて、自分でわかる症状があらわれない場合が少なくありません。自分が感染しているとわからず、性行為の相手にうつしてしまうのがクラミジアの感染がひろがっていく原因といえるでしょう。

 

性器クラミジア感染症の治療法

クラミジアに感染しているかどうかは、男性では初尿(最初の1/3~1/2の尿)を調べるとわかります。女性では、子宮からの分泌物を専用の綿棒のようなものでとり、検査を行います。また、のどの場合は、のどの粘膜を専用の綿棒のようなものでこすりとり、調べます。

クラミジアに感染しているとわかった場合には、クラミジアに効く薬を使って治療します。

また、性行為感染症は、性行為の相手と一緒に治療することが必要です。女性あるいは男性一方だけ治療するのでは、相手からまたうつされることになりかねません。複数の性行為の相手がある場合は、すべての性行為の相手に自分がクラミジアに感染していることを伝えて、同時期に治療するようにしましょう。

 

内服の場合:まず選ばれる薬

アジスロマイシンやレボフロキサシンがクラミジアに感染している場合におすすめの薬です。

アジスロマイシン(商品名:ジスロマック)

いちばん飲み方が簡単な1回だけ飲む薬です。1000mg(250mg錠を4つ)、あるいは、2000mg(水でドライシロップを溶かしたもの)を、1回だけ飲みます。

ドライシロップで2000mgを飲む場合は、食後に飲むと急激にからだの中に薬が入ってしまうため、空腹時に飲むようにしましょう。食事の後2時間以上たってから、かつ、食事をする2時間以上前に飲むのが空腹時の目安です。

レボフロキサシン(商品名:クラビット)

1日1回500mg(500mg錠を1つ、あるいは、250mg錠を2つ)を7日間飲みます。薬が効かない菌ができるのを防ぐために、必ず1日分は1回で飲むようにします。なお、妊娠している場合には、使うことはできません。

 

その他の薬

アジスロマイシンやレボフロキサシンのほかにも、クラミジアの感染に使われる薬があります。

ここに紹介する薬は、7日間服用することが必要な薬です。

1回だけの服用ではない場合、高齢者や腎臓の機能が弱っている人では、からだから薬がなくなっていくのが遅い薬があるため、飲む量の調節が必要なことがあります。

クラリスロマイシン(商品名:クラリス、クラリシッド)

1回200mgを1日2回7日間飲む薬です。クラミジアの感染の場合は14日間、あるいはさらに長く飲むこともあります。

特に飲み合わせの悪い薬がありますので、他の薬を飲んでいる場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)

1回100mgを1日2回7日間飲む薬です。薬が食道についた状態が続くと食道潰瘍を起こすことがあるため、多めの水(コップ1杯180mL以上)で飲むようにしましょう。

ドキシサイクリン(商品名:ビブラマイシン)

1回100mgを1日2回7日間飲む薬です。薬が食道についた状態が続くと食道潰瘍を起こすことがあるため、多めの水(コップ1杯180mL以上)で飲むようにしましょう。

トスフロキサシン(商品名:オゼックス、トスキサシン)

1回150mgを1日2回7日間飲む薬です。高齢者や腎臓の機能が弱っている人の場合、からだから薬がなくなっていくのが遅くなるため、飲む量を調節することが必要です。なお、妊娠している場合には、使うことはできません。

シタフロキサシン(商品名:グレースビット)

1回100mg1日2回を7日間飲む薬です。高齢者や腎臓の機能が弱っている人の場合、からだから薬がなくなっていくのが遅くなるため、飲む量を調節することが必要です。

下痢や軟便など、おなかが緩くなった場合は、医師に相談するようにしましょう。なお、妊娠している場合には、使うことはできません。

 

注射の場合

症状が悪化している場合には、ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)という薬を輸液に溶かして点滴で使います。

1日200mgを3~5日間点滴で使うことが必要ですので、入院で治療してもらうことになるでしょう。

 

性器クラミジア感染症の感染事例

クラミジアに感染した患者さんの事例をもとに、性器クラミジア感染症の症状・治療・その他の注意事項について、具体的におさらいしていきましょう。

 

20歳台の独身男性、クラミジア感染症

症状

排尿時に違和感があり、尿道からの分泌物が増えたので気になって医師にかかりました。1週間前に他の医師を受診し、尿道炎との診断で、抗生物質を飲んだのですが、症状はよくならなかった患者さんです。

治療

今回の医師と話をするなかで、2週間前に、性行為感染症にかかる可能性のある性行為を行っていたことがわかり、あらためて尿の検査を行ったところ、クラミジアに感染していることがわかりました。

そのため、ジスロマック2000mgを処方され、1回服用して様子を見ることになりました。

その他の注意事項

性行為の際には、コンドームを使うことを医師からすすめられました。3週間後に再度受診し、検査をしたところ、性器クラミジア感染症は完治したことが確認できました。

 

20歳台の独身女性、クラミジア感染症

症状

下腹部が痛いため、受診しました。5日前から37℃に近い熱が続き、3日前から下腹部の痛みがあらわれ、おりものも増えてきていました。避妊を目的に低用量ピルを飲んでいて、16歳ごろより、不特定多数の男性と性行為をもっている患者さんです。

治療

医師は症状と性行歴から、クラミジア感染を疑い、検査を行ったところ、クラミジアに感染していることがわかりました。ジスロマック1000mgを1回服用するよう、医師から処方されました。

その他の注意事項

医師は、避妊のために飲んでいる低用量ピルでは性行為感染症を防ぐことができないこと、不特定多数との性行為のような、感染のおそれのある性行為をする際には、低用量ピルを飲んでいても、コンドームを使うことが必要であることを説明しました。

 

20歳代の既婚女性、クラミジア感染症

症状

下腹部の痛みと、おりものが増えていましたが、昨晩から急に下腹部の痛みが強くなってきたため、受診した患者さんです。

外陰部や膣はかゆくありません。夫は数日前に性器クラミジア感染症とわかり、クラビットを飲んでいます。膣の中を検査したところ、黄色い分泌物があることがわかりました。下腹部を押すと痛いのですが、なにか塊がふれるわけではありません。

治療

医師は症状と夫がクラミジアに感染していることから、卵管や子宮頸管にクラミジアが感染しているのではないかと疑いました。検査を行ったところ、クラミジア感染が確認できたため、クラビットで治療をすることになりました。

その他の注意事項

医師は、性行為感染症は、パートナーと一緒に治療しないと、また相手からうつされる危険性があること、今回は、本人も夫もクラミジア感染がなくなったことを確認してはじめて治療が成功したといえることを説明しました。

参考文献

  • 性感染症 診断・治療ガイドライン2016(日本性感染症学会)
  • 各医薬品添付文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です