マスターベーションをしないと体に悪いのか?男性機能障害を招く方法があるって知ってました?

マスターベーションやセックスなどの性的行為を長期的にしないと人間はどのように変化をしていくのでしょうか。

これについて今回はご説明致します。

マスターベーションやセックスをしないと体に悪いのか?

人間は男女問わず”性欲”というものは生理的欲求には含まれていないため、性欲処理をしないからといって体が壊れてしまったりする事はありません。

しかし、男性の場合は、体内に長期的に精子が貯まる事により夢精などにより無意識の間に精子が排出される事があります。

また精子は成分がたんぱく質でできています。

そのため体内に栄養として吸収される事や尿や汗と一緒に排出される事があります。

そのため体内で精子が腐ってしまい体調不良の原因となる事は殆どないのです。

このような事からもわかるように、マスターベーションやセックスを長期的にしなくても生命維持に関して困る事は一切ないと言えます。

 

疲労感やストレスの原因にはなる

禁欲は基本的には健康に害はありませんが、マスターベーションやセックスをしない事が原因となり精神面で大きく疲労感を感じてしまったり、ストレスが貯まってしまう事があります。

このような事が原因となりストレスが貯まってしまった場合、その後に勃起不全(ED障害)、遅漏、早漏などの性的なトラブルを招いてしまう事があります。

また性的なストレスは非常に大きく感じる事が多いものとなっているため、蓄積を重ねていく事により憂鬱状態になってしまう場合などがあります。

できる限り、性欲は我慢せずに処理をできるようにしましょう。

 

性欲がわかない場合は精力剤で鼓舞する

また性欲が中々日頃の疲れなどが原因となりわかない場合は、精力剤を使用して性欲促進効果を得る事も良いでしょう。

精力剤は、性欲促進の効果以外にも精力を促進させる効果や性器を敏感にさせる効果などもあります。

そのためマスターベーションやセックスに対しての気持ちもかなり高くなる事が期待できます。

また日頃の生活の乱れや栄養不足などもマスターベーションやセックスに対する気持ちを激減させてしまう事があります。

このような事を避けるためにもできる限り、出来る限り毎日健康を保てるような規則正しい生活を送れるように心がけましょう。

人間にとって性欲は大切なものです。

性欲がある事が恥ずかしいと思いマスターベーションやセックスをする事に対して進んで行動ができない場合は、そのような気持ちをまずはほぐし、リラックスをする事をおすすめ致します。リラックスをする事はマスターベーションやセックスを楽しむ事に繋がります。

 

これは要注意、男性機能障害を招くマスターベーションの方法があるって知っていました?

パートナーがいても、同居していなかったとすれば、自分でマスターベーションをする機会は多々あると思います。

思春期を迎えて初めてマスターベーションをしたのが10代の頃だとすれば、少なくとも10年以上、ほぼ同じ方法で、マスターベーションをしていることだと思います。

そのマスターベーションの方法によっては、男性機能障害を招く場合があるという事実をご存じでしょうか? これは、あまり知られていないことだと思います。なぜかといえば、当事者にならなければ、このようなことはすすんで調べようとは思わないからです。

厳 密にいえば、男性機能障害という広いくくりのなかで「射精障害」を引き起こす可能性があるマスターベーションの方法があるということです。射精障害とは、 女性とのセックスで膣の中で射精ができない症状のことを指します。知らず知らずに誤ったマスターベーションを繰り返していくうちに、膣に挿入しても気持ち よくない、射精できないという症状が出てくることがあるようです。

では、どのようなマスターベーションの方法が射精障害を引き起こすというのでしょうか? 詳しく見ていきたいと思います。

 

快楽を求めるあまりに… 強く握って射精させるマスターベーション

一見、男性器が鍛えられそうで良いと思いがちですが、このマスターベーションを繰り返していると、強い刺激に慣れてしまい、膣に挿入して得られる快楽や気持ちよさを感じることができなくなります。

挿入後、いつまでたっても刺激が足りないため、膣の中で射精ができなくなります。

この状態の何が良くないかといえば、膣は長い時間の挿入やピストンに耐えられるほど丈夫ではなく繊細なため、女性にとっては、挿入が長くなればなるほど快楽を通り越して苦痛になります。

また、膣の中に擦り傷などができて、炎症や感染症などを起こす場合もあります。

このようなことでは、パートナーもセックスに積極的ではなくなり、恋愛関係であれば別れることになったり、夫婦であれば、そのままセックスレスになったりする可能性も十分あり得るのです。

 

正常位をイメージ?床や畳や布団と疑似セックスをするマスターベーション

確かに、射精をするためにマスターベーションをするのですけど、パートナーとのセックスでも腰をうまく振れるように、セックスをイメージして正常位の姿勢で手を使わずに床や畳、布団に男性器をこすりつけて腰を振ってマスターベーションをする方もいるそうです。

なかには抱き枕などを使う方もいるようですが、この方法も実は射精障害を引き起こす可能性があります。

これは、手で強く握るマスターベーションよりもかなり強い刺激です。

一歩間違うと、男性器が傷ついてしまい、出血してしまう可能性もありますし、出血とまではいかなくても炎症を起こしてしまい激痛としばらく付き合わなければならなくなりますので注意が必要です。

 

アダルト動画のように? 男優とタイミングを合わせるマスターベーション

アダルト動画で女優とセックスをしている男優が、演出などで激しいピストンをしている場合がありますが、あくまでもアダルト動画の世界です。

男性器や膣も、そのような激しい刺激に耐えられるようにはできていません。お互い性器を傷つけるだけではなく、腰までも痛めます。

ましてや、普段のマスターベーションで手を激しくピストンさせて強い刺激を与え続けていると、一時期は快楽を得られても、パートナーとのセックスで射精が難しくなります。

 

今から説明する行為に心当たりがある方も要注意です!

現 在、パートナーとセックスをしていて、挿入途中まではピストンをし、直前に膣から抜いて、膣の外で手を使って射精をしている方は、手での射精に頼りきって いる可能性があります。一度、コンドームをしてパートナーの膣に挿入した状態で射精ができるかどうか確認されることを強くおすすめします。

いかがだったでしょうか?

ほかのコラムでは、男性機能障害を招かないようなマスターベーションの方法について説明したいと思っていますので、ぜひ合わせて読んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です