「仮性包茎のままで良い」が新常識らしいですが包茎は本当に不潔なものなのか?

ちょうど1カ月前の話ですが、インターネットでなんとなくネットサーフィンをしていたところ、たまたまBuzzFeed Japanが公開していた記事(以下、記事)を見かけました。

それがこちらです。

皮が被っていたら恥ずかしい? おちんちんの新しい常識 – BuzzFeed

https://www.buzzfeed.com/jp/shunsukemori/chttps://www.buzzfeed.com/jp/shunsukemori/cut-or-uncut

この記事ではこう語られてます。

“「仮性包茎よりもむけちんがいい」という価値観はもう古いのかもしれない。”

この記事タイトルを見て私はこうボヤキました、恥ずかしいに決まっていると。

「包茎は手術するものだ」

「包茎は百害あって一利なし」

「包茎は不潔で女性は嫌がる」

 

包茎は100%、治療しなければならないものだとずっと思っていました。

しかし、これって誰が言い出したことなのでしょうか?

この記事を書き始めたときからずっと、タートルネックのセーターを着たイケメンが頭の中でクネクネダンスをしています…

 

いつの時期か定かではありませんが、「こんな青春じゃつまらない」というキャッチフレーズの広告を見かけ、その意味がわかった瞬間から包茎は恥ずかしいことだと思い込むようになった気がします。

私は泌尿器科の権威からも医者からも「包茎は手術しないといけない」と言われたことも「包茎は不潔」だと言われたこともなかったのです。

今思えば、包茎・短小・早漏など、男性器のネガティブな情報はすべて保健体育の教科書ではなくクリニックの広告で知識として吸収していたことになりそうです。

 

しかし、BuzzFeed Japanの記事では、

  1. 包茎に対する新しい見方が広がりつつある
  2. 包茎とむけちん、どちらがいいかなんて女性は興味ない
  3. 男性は広告やネット上の情報のせいでそう思い込んでいる

と指摘しています。

たしかに、日本人ペニスの平均サイズと世界評価・女性が性交SEXに満足する大きさは?という記事で「大きさや形ではなく清潔感」「自分のことをきちんと思ってくれる気持ちがあるかどうか」を女性は重視しているとお伝えしていました。

ですので「包茎とむけちん、どちらがいいかなんて女性は興味ない」という証言には高い信憑性があるのです。

ただ一点、包茎は本当に不潔なのか? というところが個人的に引っかかります。

その点、調べてみました。

包茎は本当に不潔なのか?子供の頃を思い出したら別にそうでもないことを思い出した!

包茎が不潔だといわれる理由は、恥垢(チンカス)です。

インターネット上のとあるサイトでは食べ物のニオイにたとえられ、嗅覚に訴えてまでも不潔感を余計に煽っているような気がしてなりませんでした。

よく考えると恥垢って1日(前日の入浴から当日の入浴までおよそ24時間)にどのくらい溜まるのでしょうか?

  • 男性器が増大してしまうくらいでしょうか?
  • 恥垢で小便が出せないくらいでしょうか?
  • パンツ・ズボンから異臭が漂い、周囲がむせかえるくらいでしょうか?

そこで、子供のときのことを思い出してみたのですが、もちろん当時は包茎でしたのでお風呂に入って恥垢が付いていたら洗っていたことを思い出しました。

大したことはなかった、そう思いませんか?

好奇心でニオイを嗅ぐことはありましたけど、気絶するような・100m全力疾走するような強烈なニオイではなかったはずです。

そう考えると、ちょっと広告などの説明はかなり煽っているなと思えるようになりました。

 

包茎が不潔なものになるのかどうかは実を言うと自分次第!

日本人の70%が仮性包茎だといわれています。

セックス時に皮がむけて性交に差し支えなかったら問題ないのでは? というのが私の個人的な考えです。

自分自身が仮性包茎であると認識されている方は、大人の男として恥垢が溜まっている状態、においがするような状態を放置しておくはずがありませんので、不潔なわけがないのです。

ただし、

  • 小便をしたら、かならず振ってからパンツをはく
  • 毎日、入浴して包皮の中、亀頭周辺を念入りに洗う

この当たり前のルールを実践している人にかぎります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です