山形県のED治療や病院・クリニック

山形県のED治療や病院・クリニック

山形県といえば、奥羽山脈や越後山脈など山形県の大半が山地で、森林も面積の75%という大自然に囲まれた地です。

中央には松尾芭蕉が俳句で詠んだ最上川も流れています。また蔵王など3つの国定公園と最上川など6つの県立自然公園があり大自然のお膝元だといえます。

山形県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関

今回は、山形県の男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を調べるために、カルー株式会社が運営する「病院口コミ検索サイトcaloo」を利用してみました。

「山形県」「ED」だけで検索してみると、山形県では146件が該当しました。calooでは、ED(男性)の関連項目として次の一覧が出てきました。

  • 心因性のED
  • 薬の服用(薬の副作用でEDになる)
  • 生殖器官の疾患
  • ギラン・バレー症候群(手足のしびれ、麻痺、男性のEDなど)
  • 糖尿病(多尿、のどの渇き、体重減少、だるさ、疲れやすさ、慢性の下痢など)
  • その他…多発性硬化症

calooで検索してみて、初めてわかったことですが、ギラン・バレー症候群がEDを引き起こす可能性もあるということです。このギラン・バレー症候群は難病に指定されています。

検索結果は146件

検索結果146件のうち、エリア別では、山形市(47)、米沢市(16)、鶴岡市(13)、酒田市(14)、新庄市(6)、寒河江市(4)、上山市(4)、村山市(2)、長井市(3)、天童市(8)、東根市(3)、尾花沢市(3)、南陽市(6)などでした。( )内は件数。

calooでは、診療科目別でも調べることができますので、自分の心当たりに合った病院や医療機関を探すことも可能です。

※検索結果は2015年8月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな山形県ご当地グルメ

山形県といえば、さくらんぼの名産地で、野菜生活やカルピスの商品にもなっている大粒の「佐藤錦」のほか、「紅秀峰」、「大将錦」など高級ブランドのさくらんぼが生産されているようです。

ちなみにですが、佐藤錦は6月下旬から、紅秀峰は7月初旬から、そして、大将錦は7月以降が旬となっています。

各ブランドのさくらんぼが旬をずらして楽しめるようになっていて良いですよね。そんな「さくらんぼ」ですが、カリウムやカロチン、鉄分などが含まれていて貧血・疲れ目・疲労回復・美肌に良いとされています。

山形県のご当地グルメは、米沢牛、粕汁、芋煮といった郷土料理のほか、かほく冷たい肉そば、山形芋煮カレーうどん、庄内シルク焼きそば、東根風お好み焼き「おこふ」、蔵王温泉ジンギスバーガー、とりもつバーガーなど趣向を凝らしたメニューが多数あるようです。

イチオシは蔵王温泉ジンギスバーガー

ボリュームのあるラム肉のパテに甘いタレがかかっていて、パテの上に厚めにスライスしたリンゴ、スライス玉ネギ、もやし。パテの下にキャベツがサンドされています。

ラム肉にはカルニチンが、普段から食べる牛肉や豚肉、鶏肉よりも群を抜いて豊富に含まれています。カルニチンは、体内で脂肪を燃焼しエネルギーに変える役割を持っているとされています。

また、羊肉の脂肪は融点が高く常温や体温では溶けにくいため、ほかのお肉とは違って体内で羊肉の脂肪は吸収されにくいようです。さらに、お肉なのに、コレステロールは低めです。

そのほか、コレステロールを減らすことができる不飽和脂肪酸、アミノ酸や鉄分、ビタミンも豊富であり、羊肉には、うれしいことがたくさんあります。

男性機能には直接、作用しなくても、EDの原因となっている動脈硬化や生活習慣病を改善してくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です