沖縄県のED治療や病院・クリニック

沖縄県のED治療や病院・クリニック

沖縄県は、地名がそのまま、名字になっています。そのため、もともと沖縄県の方なのか、何らかの事情で沖縄県に在住しているのかスグにわかります。安室、我那覇、喜屋武、具志堅、仲井真、辺土名、真栄田などが沖縄の名字であり地名だといえます。

沖縄県は、1年を通じて比較的、温暖な気候ということもあって、運良く晴れたときは、マリンスポーツにレジャーに最高です。

沖縄県の観光地としておすすめなのは、まさに美ら海です。ビーチはどこもきれいだと思います。エメラルドグリーンの海は本州では見られません。沖縄へ旅行をしたときに旅程の大半が雨だったこともありますが、雨の日でもエメラルドグリーンの海は健在でした。

ビーチ以外のおすすめの観光名所は、やはり、ひめゆりの塔や首里城など、沖縄(琉球王国)の歴史を垣間見ることができる史跡や、人気のある沖縄美ら海水族館、やんばる(山原)と呼ばれている沖縄中部の慶佐次のヒルギ林(マングローブ林)、古宇利島などは、ドライブも楽しめる良い観光ルートだと思います。

個人的には、那覇空港にあるA&Wというアメリカンハンバーガーのお店とブルーシールアイスクリームの二つを見ると、沖縄県に入った! という実感がわくのですが、今は、通販や沖縄県のアンテナショップなどでも、ブルーシールアイスクリームなど手に入れようと思えば手に入るようです。

沖縄県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を調べてみました

今回は、沖縄県に所在する男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関をED治療ナビで探してみることにしました。

ED治療ナビは、株式会社モデルニスモが運営をしています。

検索結果は3件

ED治療ナビでヒットしたのは、このサイトが推薦医院だと銘打っている3件でした。推薦医院というのはED治療ナビによると、患者の気持ちに配慮して個人に合った診療を実施してくれる病院や医療機関のことだそうです。

  • 1件目は、具志堅循環器内科(浦添市前田2-14-6)で、最寄り駅は、ゆいレール 儀保駅です。休診日は、日曜・祝日です。
  • 2件目は、かりまた内科医院(浦添市内間4-23-21)で、最寄り駅は、ゆいレール 古島駅です。休診日は、日曜・祝日です。
  • 3件目は、JoeClinic沖縄院(那覇市牧志2-18-7 共伸産業ビル5F)で、最寄り駅は、ゆいレール 美栄橋駅です。なんと無休だそうです。
  • 3件ともバイアグラ・レビトラ・シアリスを処方してくれるようです。

これで、各都道府県のコラムは終了となります。全都道府県のコラムをご用意しましたので、ぜひ、興味のある都道府県があれば、お読みいただけると幸いです。また、北海道編から順次お読みいただいた方、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

男性機能回復に期待ができそうな沖縄県ご当地グルメ

沖縄県のご当地グルメは、アグー豚、泡盛、石垣牛、イラブー汁、海ぶどう、オリオンビール、カステラかまぼこ、サーターアンダギー、さんぴん茶、ゼブラパン、ソーキそば、タコス、チャンプルー、テビチ、ドラゴンフルーツ、紅芋タルト、もずく酢、ラフテーなどがあります。

沖縄グルメは豚肉に注目 チムシンジがおすすめ

前の章で、ご紹介しているグルメのなかにも、アグー豚、ソーキそば、ラフテーなどに豚肉が使われています。ソーキは豚肉のあばら肉の部分でスペアリブです。ラフテーは、泡盛で煮込んだ豚肉の角煮だそうです。テビチは豚足のことです。

豚肉は、男性機能回復のグルメとしては、ほとんど紹介していなかったと思います。豚肉は、どうしても脂っこいイメージが強いのですが、豚肉のレバーだけは、牛肉よりも亜鉛を含んでいる部位です。豚肉レバーを用いた料理であれば、亜鉛を摂取できることになります。

そこで、沖縄の郷土料理で何かないか探してみたところ「チムシンジ」という料理がありました。豚レバー、ごぼう、島ニンジン、シイタケなどを一緒に煮込んだもので、滋養食として重宝されているくらい栄養価は高いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です