大分県のED治療や病院・クリニック

大分県のED治療や病院・クリニック

大分県といえば、おんせん県ですよね。別府温泉が有名です。別府には市内最大の「杉乃井ホテル」という大型ホテルがあります。調べてみたところ、一泊二食付きで夜も朝もバイキングで、基本的に食べ放題・ソフトドリンクは飲み放題のようです。

しかも、温泉は山の頂上の部分(建物の最上部)にあり、別府市内や別府湾を望める「棚湯」という大きな露天風呂があるそうです。そのほかにも水着で入れる温泉もあるようで、個人的には、一度は行ってみたいホテルです。

また、大分県には九重山(九重連山)があります。九重連山のなかには、やまなみハイウェイというドライブコースに最適なワインディングロードもあるようです。ただ、山の天気は変化しやすいといわれるように。

晴れた日は絶景を楽しめるようですが、天気が悪いときは霧が発生したりして運転にも観光にも支障が出るほど厳しいようですので気をつけてください。

大分県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を調べてみました

大分県=おんせん県です。そこで今回は、石川県や愛媛県でも提案した温泉で男性機能を回復するということについて取り上げたいと思います。

大分県の温泉は、前出の別府温泉のほか、赤川温泉・筌ノ口温泉(うけのくちおんせん)・川底温泉・七里田温泉(しちりだおんせん)・筋湯温泉・塚原温泉・長湯温泉・宝泉寺温泉・湯平温泉・湯布院温泉などがあります。

何をもっておんせん県としているのかは、源泉の数と1分あたりの湧出量が日本一だからのようです。また、大分県の温泉は火山性温泉なんだそうです。

男性機能回復に期待ができそうな温泉が別府に存在していた!

別府温泉には別府八湯があるとされており、その1つである明礬温泉にある

「別府温泉保養ランド」が美肌効果があるだけではなく、男性機能にも良いといわれているようです。

ネット上で調べてみると、効能アリと明示されています。別名「泥湯」と呼ばれており、混浴の露天風呂もあるようです。これから九州旅行を画策されている方は、大分県の別府温泉で泥湯に入って、名物のとり天を食べて、泥湯以外の温泉にもはしごをして、地獄蒸しも食べれば“最強の男性機能回復旅”となりそうです。

一つだけ注意いただきたいのは、入浴後スグの性交渉は、男性機能にあまり良くないとされているため、20~30分クールダウンをしたあとにしてくださいね。

 

男性機能回復に期待ができそうな大分県ご当地グルメ

大分県のご当地グルメは、個人的には、中津のからあげが思い浮かびます。正式名称ですが「聖地中津からあげ」というそうです。

中津市は養鶏場も多いようです。そのほかにも別府が発祥といわれている「とり天」も有名です。ほぼ全国にあるファミリーレストランの「ジョイフル」は、大分県に本社があり、確か、グランドメニューに「とり天」はあったのではないかと思います。

そのほか、くじゃく(ゆで卵をすり身で包んで蒸し揚げたもの)、ごまだしうどん、地獄蒸し、だんご汁、鶏めし、ぶりのあつめし、別府冷麺、豊後きのこカレー、ゆふいんバーガーなどがあります。

地獄蒸しは、いろいろとカスタマイズできる料理

おんせん県らしく、今回は、地獄蒸しを提案します。地獄蒸しは温泉の蒸気で食材を蒸す調理法です。

10年くらい前ですが、個人的に大分県を旅行したときに、温泉に入っている間に、持ち込んだ食材をざるかごに入れて蒸して食べた記憶があります。そういう施設もあるようです。

ここは、男性機能を回復できるような豊富に亜鉛を含んでいる食材を持ち込んで、地獄蒸しにして食べていただきたいところです。牡蠣や牛肉、かに缶のいずれかを用意して、パルメザンチーズとカレー粉をかけてアルミホイルに包んで蒸すというのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です