新潟県のED治療や病院・クリニック

新潟県のED治療や病院・クリニック

今回より北陸・信越編がスタートします。

ちなみにですが、信越地方は、長野県と新潟県のことです。北陸地方は、富山県、石川県、福井県となります。

この地方は、北信越と呼ばれることもあれば、関東地方と山梨県と合わせて関東甲信越地方と呼ばれることもあります。

甲信越は、甲斐・信濃・越後の頭文字をとったもので、なんとなく戦国時代のロマンを感じてしまいますよね。

新潟県は、日本一長い河川の「信濃川」がある県です。信濃川の長さは367kmだそうです。そのほか、人口10万人あたりの建設業に従事している人、成人1人あたりの清酒消費量、国指定重要有形民俗文化財指定件数などが新潟県は日本一のようです。また、新潟県内にある「湯沢温泉ロープウェー」は166人が乗ることができる世界最大級のロープウェーとなっています。

新潟県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関

今回は、株式会社QLifeが運営しているQLife(http://www.qlife.jp/)で、新潟県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を調べることにしました。EDを相談できる病院を検索できるページはこちら(http://www.qlife.jp/sick_ed)になります。

検索結果は56件

今回は、新潟県の心療内科で検索をかけてみました。すると、新潟県内では56件という結果が出てきました。

表示されたのは、佐潟荘(新潟市西区)、松浜病院(新潟市北区)、中島脳外科内科医院(魚沼市)、かとう心療内科クリニック(新潟市江南区)、まことクリニック(新潟市西区)、心療内科・神経科高橋クリニック(新潟市西区)、総合リハビリテーションセンター・みどり病院(新潟市中央区)、長岡西病院(長岡市)、白根健生病院(新潟市南区)、高須メンタルクリニック(長岡市)、万代こころのクリニック(新潟市中央区)などです。

上記の病院や医療機関にはそれぞれ1~2件の口コミがついていました。あくまでも投稿者の主観でしょうけど、こういうリアルな情報は、ときとしてありがたいものですよね。

※検索結果は2015年8月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな新潟県ご当地グルメ

新潟県のご当地グルメは、アスパラみどりカレー(新発田市)、糸魚川ブラック焼きそば(糸魚川市)、おこわ団子(燕市)、きんぴらだんご(三条市)、謙信公義の塩ホワイト焼きそば(上越市)、三条カレーラーメン(三条市)、するてん(上越市)、鯛茶漬け(柏崎市)、燕三条背脂ラーメン(三条市など)、新潟タレかつ丼(新潟市)、ぽっぽ焼き(新潟市)、洋風カツ丼(長岡市)、レッド焼きそば(妙高市)などがあります。

燕三条背脂ラーメンがおすすめ

この燕三条背脂ラーメンがおすすめと聞いて、脂っこいな! と思った方も多いと思います。

今回のチョイスの大きな理由は、だしに「煮干し」を使っているからです。

実を言うと、魚介類で一番、亜鉛を含んでいる牡蠣には及びませんが、魚類で一番、亜鉛を含んでいるのは、この「煮干し」なのです。気仙沼ホルモンやレバーフライで使われている豚レバーよりも亜鉛を多く含んでいたことがわかりました。ちなみにですが、水分が40%以上の食材の亜鉛含有ベスト3は、牡蠣、豚レバー、ほやですが、水分が40%未満の食材の亜鉛含有ベスト3は、ビーフジャーキー、バルメザンチーズ、煮干しだそうです。

脂っこいラーメンなので、できるかぎり普通サイズにして、その前後の食事は、野菜や脂肪燃焼に良いとされている食材を積極的に摂取してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です