奈良県のED治療や病院・クリニック

奈良県のED治療や病院・クリニック

奈良県といえば、平城宮跡、東大寺(奈良の大仏)、キトラ古墳、高松塚古墳、唐招提寺、金剛山、熊野参詣道など、歴史のロマンを感じずにはいられない史跡が多数存在しているところですよね。

また、奈良公園の鹿も有名ですよね。最近までまったく気づきませんでしたが、ゆるキャラのせんとくんには鹿の角が生えていました。

ご存知の方も多いとは思いますが、国宝・重要文化財の数については、奈良県は日本一です。

また、奈良県は人口10万人あたりのミスタードーナツの店舗数が1.6軒で、全国3位だそうです。

1位のときもあったそうですが、2015年のランキングでは、1位は福井県になっているので、人口か店舗数に変動があったのでしょう。

男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関

今回は、株式会社関総研アドバイザーズが運営している総合病院検索サイト「病院検索JAPAN」で、奈良県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を探してみました。

なんとなくですが、侍JAPANやなでしこJAPANなど、後ろにJAPANがつくと頼もしく感じます。この病院検索サイトも頼もしい結果を出してくれるのでしょうか?

検索結果は23件

今回は、EDに特化した検索サイトではありませんので、ED治療薬の処方をしてくれるかどうかは個別に問い合わせをいただきたいところなのですが、奈良県→泌尿器科→奈良市で絞り込んだところ、23件の結果が出ました。

おかたに病院、奈良西部病院、高の原中央病院、奈良春日病院、市立奈良病院、済生会奈良病院、西奈良中央病院などです。

上記の病院や医療機関は、いずれも診療科目が多い総合病院となっているようです。

総合病院のメリットは傍から見てどこの診療科目を受診しているのかわからないので、病院の出入りで恥ずかしい思いをしなくて済むことです。

デメリットは、総合病院は会計や薬の処方に多少の待ち時間がかかることです。ED治療に特化したクリニックなどは、男性スタッフのみで固めているところも多いのですが、総合病院だと女性スタッフにあたる場合もあります。

男性スタッフが安心とのことであれば、EDに特化した検索サイトでぜひ男性スタッフのみの病院や医療機関を探してみられてください。

※検索結果は2015年8月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな奈良県ご当地グルメ

奈良県のご当地グルメについて、最初にお伝えしておくべき代表格は奈良漬けですよね。

かす漬けとも呼ばれ、伝統があります。この奈良漬けですが、個人的に初めて知ったことなのですが、うなぎの蒲焼きと相性がとても良いようです。

うなぎの蒲焼を提供するお店では一緒に添えられます。味がリフレッシュできるからという理由もあるそうです。

うなぎは亜鉛を豊富に含んでいることからも男性機能回復に期待ができそうな食材の常連となっています。

今度からうなぎの蒲焼を食べるときは奈良漬けも一緒に食べるようにしたいと思います。

そのほか、飛鳥の肉巻おにぎり、あすかルビー(いちご)、油かす、鮎ずし、柿ケーキ、かしわのすき焼き、きな粉雑煮、しし鍋、奈良漬けケーキ、万葉おやき、大和牛などがあります。

きな粉雑煮がおすすめ

きな粉雑煮は、その名のとおり、正月メインの料理だと思うのですが、きな粉は、意外にも、ほかの食材と比べても亜鉛の量が豊富なのです。

実を言うと「うなぎ」よりも多いようです。

きな粉は、スーパーなどでも安価で販売されており、ご飯にかけて食べる方や、牛乳と混ぜて「きな粉牛乳」にする方も多いようです。

もちろん、亜鉛のサプリメントを飲むのも良いのですが、おいしく食べて男性機能回復を目指すのがこのコラムのテーマですので、きな粉雑煮はもちろん、単体のきな粉も毎日の食生活に取り入れることをおすすめしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です