熊本県のED治療や病院・クリニック

熊本県のED治療や病院・クリニック

熊本県といえば、くまもんですよね。全国的に有名になりすぎて、ご当地ゆるキャラであることを忘れがちですが、やはり、熊本県のゆるキャラです。

熊本県の代表的な観光地といえば、熊本城で、桜の花が咲く春先など期間限定でライトアップされたときなどは、特に綺麗なんだそうです。また、一口城主制度もあり、たしか、何人かの芸能人が熊本城主となっていたと思います。1万円を寄付すると城主になれ、天守閣に名札が掲示されたり、手形がもらえるなどの特典があるそうです。

詳細は熊本城ホームページ(http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/)で確認してみられてください。

また、熊本城の近くには維新十傑のひとりである横井小楠(よこいしょうなん)像とともに坂本龍馬像などがあります。

九州新幹線ができて熊本や鹿児島へはアクセスがしやすくなったようですので、特に全国の城マニアの方や坂本龍馬のファンにおすすめしたい観光スポットとなっています。

熊本県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を調べてみました

今回は、熊本県の男性機能低下・EDについて相談できそうな病院や医療機関を株式会社QLifeが運営しているQLife(http://www.qlife.jp/)を利用して調べてみたいと思います。EDに特化した検索ページは、こちら(http://www.qlife.jp/sick_ed)になります。

風俗拠点にED治療が受けられるところありという個人的に打ち立てた仮説に基づいて、中央街がある熊本市中央区に照準を合わせてみました。診療科目は心療内科です。

検索結果は16件

熊本市中央区の心療内科で1件以上の口コミ投稿がある病院や医療機関は次のとおりです。

・くわみず病院(神水1-14-41)

・高野病院(帯山4-2-88)

・藤崎宮前心療クリニック(北千反畑町1-1東ビル1F)

・上通りメンタルクリニック(上通町5-20セントラルハイツ202)

・こころの元気クリニック(水道町8-2秀匠苑ビル5F)

・龍田病院(黒髪6-12-51)

・古賀クリニック(本山4-1-43)

・よやすクリニック(世安町231-9)

・銀座通りクリニック(中央街4-28クマタクビル2F)

予想通り、中央街に1件ありました。個人的には、パートナーがいない間だけは風俗利用はアリだと思っているので、風俗に通う前に受診予約をされてED治療薬を処方してもらうのはいかがでしょう?

※検索結果は2015年9月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな熊本県ご当地グルメ

熊本県のご当地グルメは、なんといっても代表格は馬刺しでしょう。馬刺しは、鉄や亜鉛が比較的、豊富な食材です。その割にはカロリーが低く、ヘルシー食材でダイエット効果にも期待されているようです。

そのほか、あか牛、阿蘇ハヤシライス、いきなりだんご、馬カレーライス、えこめ牛、からしれんこん、熊本ラーメン、鯛めん、たちうお、南関あげなどがあります。

男性機能には欠かせない亜鉛が多い牛肉 あか牛 えこめ牛

ず、あか牛は、阿蘇エリアで育った褐毛和種(あかげわしゅ)で、そのルーツは韓牛のようです。しかし、和牛として登録されたのは70年以上前で、歴史のある和牛だそうです。特長はジューシーでやわらかく脂肪分が少ないところだそうです。また、赤身には、タウリンが豊富に含まれているそうです。タウリンは肝機能やコレステロールにうまく作用してくれます。

次に、えこめ牛です。熊本の菊池産の牛ですが、名前の由来は実にユニークで、エコ+米だそうです。飼料米を使って育てられたえこめ牛は、甘みがあって美味しいと評判のようです。

馬カレーライスがうまか飯でおすすめ

個人的に気になったのは「馬カレーライス」です。馬肉の産地、山鹿の飲食店から広がったカレーだそうです。

九州の方言、うまか(美味い)とカレーライスで、馬カレー…です。えこめ牛に馬カレーと実にネーミングが楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です