岩手県のED治療グルメや病院・クリニック

岩手県のED治療グルメや病院・クリニック

岩手県といえば、タイトルにもあるとおり、じぇじぇじぇが流行するきっかけとなったNHKの連続テレビ小説で、宮藤官九郎さんが脚本を手掛けた「あまちゃん」の舞台・ロケ地となった久慈市や三陸鉄道があります。

小学生のときには社会科で三陸海岸がリアス式海岸であるということも習いますよね。

岩手県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関

岩手県は本州のなかで一番広い都府県になりますので、自宅や職場から近い市町村にある病院や医療機関を探したほうが早いのではないでしょうか。

そこで今回は、エリア別で探しやすいファイザー株式会社が運営するED-info.netで検索して探してみることにしました。

ファイザーは、説明するまでもないとは思いますが、バイアグラを開発したメーカーです。

検索結果は、28件

地図上の岩手県をクリックすると、エリア別で結果が出てきます。

一関市(1)、奥州市(1)、大船渡市(1)、釜石市(1)、北上市(2)、久慈市(1)、紫波郡紫波町(2)、紫波郡矢巾町(1)、花巻市(3)、盛岡市(15)となりました。

( )内は病院や医療機関の数です。さすが、県庁所在地でもある盛岡市には病院や医療機関は多いですね。

また、盛岡市で検索された15件の病院や医療機関のうち、土曜日または日曜日に診察をしてくれるところはあるのかを再検索したところ、15件すべてが該当しました。

さらに、もう一歩踏み込んで予約不要で診察してくれるような病院や医療機関はないのか盛岡市内で再検索したところ、0件でした。

やはり、ほとんどの病院や医療機関がプライバシー保護などのために、完全予約制としているようです。

やはり、予約不要でスグに処方してもらえる便利さは、男としては求めたいところですが、当事者となれば完全予約制はありがたいものだと心から思えます。

同じ悩みを抱えている者同士とはいえ待合室などで鉢合わせするのは、非常に気まずいものがあります。

※検索結果は2015年7月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな岩手県ご当地グルメ

岩手県には、盛岡じゃじゃ麺や大船渡さんまらーめん、北上コロッケ、花巻バーガーなどのほか、わんこそばも有名です。

そして、「あまちゃん」の劇中にも、たびたび登場した「久慈まめぶ汁」も全国区として知名度が上がりました。

久慈まめぶ汁は男性機能に良いかも

久慈まめぶ汁は、昆布・にぼしで、だしをとって、クルミなどを包んだ団子、野菜、焼き豆腐、油揚げなどと一緒に煮込んだものです。

名前の「まめぶ」とは、クルミ入りの団子のことを指しています。郷土料理として、祝宴の席にもかならず並ぶ料理で、その際は大きな団子を入れて振る舞うそうです。

クルミといえば、ナッツ類ですので、何か男性機能に良い影響があるかもと思って調べてみたところ、かつてアメリカの学会誌で「1日75グラムのクルミを摂取すると良質の精子が生成される」との発表があっていたことがわかりました。

具体的には、精子が濃くなるなどのようです。

確かに、ナッツ類は、ポリフェノールによる抗酸化作用があり、健康にも良いとされています。

また、クルミは、ナッツ類で最多のポリフェノールを含んでいます。

今さらですが、「あまちゃん」のロケ地巡りなどをするために、久慈市に立ち寄ることがありましたら、ぜひ、久慈まめぶ汁も味わってほしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です