福島県のED治療や病院・クリニック

福島県のED治療や病院・クリニック

福島県の県庁所在地は、福島市ですが、福島県で一番人口が多い都市だといわれているのは郡山市です。

2番手は、いわき市になっています。郡山市及びいわき市の人口は、それぞれ約32万人、福島市の人口は約28万人とわずか4万人の差なのですが、県庁所在地の自治体が3番手というのは意外な結果ですよね。

福島県の観光地は、若松城や戊辰戦争の地となった飯盛山、猪苗代湖、桧原湖、磐梯吾妻スカイライン、郡山布引 風の高原など自然が楽しめる観光資源がたくさんあります。

個人的には、映画フラガールの舞台でもあるスパリゾートハワイアンズが好きで、特におすすめしたいのが、残念ながらまだ行ったことはないのですが、先月オープンしたばかりの「流れるアクアリウムプール フィッシュゴーランド」です。

泳ぐ魚を観ながら流れるプールで泳げるという水族館が好きな人も流れるプールが好きな人も一度に楽しめるこれまでにないアクティビティで、彼女がいる人はデートで、既婚者の人は家族サービスという名目で、仕事のことやEDのことを忘れてストレスを解消していただきたいなと思います。

福島県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関

今回は福島県の男性機能低下・EDを相談できる病院や医療機関を探すために、日本新薬株式会社の「EDケアサポート」を利用しました。

今回は、検索サイトで探したあとに、公式ホームページでより詳細な情報が見られると良いなと思い、「ホームページあり」のこだわり検索で探してみました。

検索結果は51件

医療法人癒水会 会津クリニック、二本松ウイメンズクリニック、JA福島厚生連 塙厚生病院、せいの内科クリニック、医療法人 慈繁会付属トータルヘルスクリニック、医療法人晶晴会 入澤泌尿器科内科クリニック、寿泉堂綜合病院、星総合病院、原町中央産婦人科医院、医療法人桃蹊会 菅野医院などが検索結果としてあがってきました。

公式ホームページでは、診療時間や診察可能な曜日、駐車場の有無や公共交通機関でのアクセスがわかるほか、病院の雰囲気なども垣間見えるものです。

また、ED治療薬の料金設定などもわかる場合があるため、自分の財布の中身に合った病院や医療機関を探せるのもインターネットのおかげですよね。事前にゆっくりと吟味して自分に合った病院や医療機関を選んでみてください。

※検索結果は2015年8月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな福島県ご当地グルメ

福島県といえば、やはり昔から有名な喜多方ラーメンがご当地グルメの代表格だと思うのですが、そのほかには、どのようなご当地グルメが存在しているのでしょうか?

福島県のご当地グルメには、どてちん丼、桜バーガー、ソースかつ丼、あわソフトクリーム、丑寅まんじゅう、ベジメルバーガー、マコモダケご飯、はな天サンド、そばチュロス、塩川鳥モツ、地鶏汁、喜多方産ジャンボ落花生、アスパラドックなどがあるようです。

バーガー類は、ほかにも多数あるようです。なかには、喜多方ラーメンバーガーなるものもあります。

おすすめは亜鉛が摂取できる喜多方産ジャンボ落花生

男性機能に良いとされている栄養素といえば亜鉛ですよね。

亜鉛は、牡蠣や豚肉レバー、ナッツ類や乳製品にも多く含まれています。落花生も例外ではなく、男性機能の充実のために食べておきたいご当地グルメです。

喜多方産ジャンボ落花生は通常のサイズと比べると、とても大きく甘みがあり茹でて食べるのが一番おいしいようです。

このジャンボ落花生は、おくやピーナッツ工場で販売されているようですが、テレビ放映をきっかけに人気になっているようです。食べすぎには注意ですが、福島県在住の方はもちろん、福島県に出張などで立ち寄られた方はぜひ手に入れられてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です