福井県のED治療や病院・クリニック

福井県のED治療や病院・クリニック

福井県といえば、男女ともに平均寿命が比較的高い都道府県のイメージがありました。

特に男性は全国3位、女性は全国7位だそうです。3位と7位の差があっても女性の平均寿命のほうが、かなり高いんですけどね。

また、福井県は、北陸電力と関西電力の2つの会社がライフラインとなる電気を供給しているようです。2つの電力会社が共存しているのもめずらしいような気がします。

さらに、福井県は、羽二重や楽器のハープやマリンバを生産していて、鯖江市を中心にメガネフレームの生産地としても有名です。

国内のメガネフレームの90%は福井県産だといわれています。もしかすると、今こうして、このコラムを読まれているあなたの眼鏡も福井県産のものかもしれませんね。

福井県で男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関

今回は、バイアグラ価格比較サイト(http://www.edz.jp/)を使って、福井県の男性機能低下・EDについて相談できる病院や医療機関を探してみました。

検索結果は3件

(医)青々会 細川泌尿器科医院(福井県福井市花堂中2−18−2)、福井赤十字病院(福井県福井市月見2−4−1)、岩堀病院(福井県越前市神明町4−12)の3件という結果になりました。

今回は、あまりにも少なすぎる(もう2件ぐらい欲しかった)ので、ファイザー株式会社が運営するED-info.netでも検索して探すことにしました。

その結果、あわら市(1)、越前市(4)、鯖江市(4)、福井市(10)、吉田郡永平寺町(1)とのエリア別検索結果が出ました。 ( )内は件数です。

福井市の病院は、医療法人村上内科医院、医療法人福眞会福島泌尿器科医院、(日本赤十字社福井赤十字病院)、大山クリニック、医療法人地水火風たなか整形外科・眼科、医療法人厚生会福井厚生病院、(医療法人青々会細川泌尿器科医院)、医療法人堀の宮整形外科、英内科医院、さいかわ泌尿器科クリニックの10件でした。 ( )で囲った病院は、前出の価格比較サイトでも表示された施設です。

福井市以外のエリアでお探しの方は、ぜひED-info.netなどで調べてみてください。

※検索結果は2015年8月のものです。

 

男性機能回復に期待ができそうな福井県のご当地グルメ

福井県のご当地グルメ(郷土料理)は、芋あべかわ、うの華、永平寺町の精進料理、越前そば(おろしそば)、越前がにの鍋、おおびら、魚介汁、くずまんじゅう、小鯛のささ漬け、昆布とあげ、里芋のころ煮、さばのへしこ、鯛まま、たくあんの煮たもの、茶めし、でっちようかんなどがあります。

さすが日本海に面した北陸の地ということで、3県ともにズワイガニを用いたご当地グルメはありました。福井県内で水揚げされたズワイガニは「越前がに」とも呼ばれるそうです。ズワイガニで亜鉛の補給が可能です。

魚介汁などが福井県の郷土料理としてあがっていますが、魚介汁に使用される魚は、時期や獲れたものなどで、さまざまだと思います。

今回は参考までに、亜鉛を多く含んでいる男性機能に良さそうな魚類と魚介類をご紹介しておきます。

亜鉛を多く含んでいる魚類・魚介類

亜鉛を多く含んでいる魚類は、煮干し、たたみいわし、いかなご、ふかひれ、かつおぶし、うなぎ(かば焼)、うなぎ(きも)、いわし(みりん干)、あんこうのきも、いわし(油漬)などです。

亜鉛を多く含んでいる魚介類は、牡蠣、するめ、ほや、かに缶、わかさぎの佃煮、たいらがい、かに(たらばがに・殻付)、はまぐりの佃煮、干しえび、かに(毛がに・殻付)などとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です