愛媛県のED治療や病院・クリニック

愛媛県のED治療や病院・クリニック

愛媛県といえば、みかんの産地であり、愛媛の真面目なジュース「ポンジュース」が真っ先に思いつきました。

ポンのアルファベット表記は、PONではなくPOMだそうです。PONになると某テレビ局の帯番組になってしまいますね。

会社名も正式には“えひめ飲料”で、POMは社名ではなくブランド名でした。

また、個人的には、愛媛県といえば「あわしま堂」です。あわしま堂は、和菓子メーカーなのですが、カステラやブッセなどの洋菓子も製造しています。

もみじまんじゅうも販売しているため、しばらくは、広島県の企業だと勘違いしていましたが、よくよく調べてみると愛媛県が本社の企業でした。

男性機能回復に期待ができそうな愛媛県ご当地グルメ

愛媛県のご当地グルメは、愛南ヒオウギ、活き鯛飯、いもたき、伊予さつま、宇和島鯛めし、五色そうめん、じゃこカツ、じゃこ天、たこめし、鍋焼きうどん松山風、ふかのゆざらし、三津浜焼き、もぶり飯などがあります。

広島県のコラムで紹介していた焼豚玉子飯は実は今治が発祥なんだそうです。県を超えて愛される料理になったということですよね。個人的には一度は食べてみたいです。

愛南ヒオウギがおすすめ

愛南ヒオウギ…ヒオウギというのは貝で、漢字で書くと「桧扇」「緋扇」と書くそうです。

ヒオウギは、とてもきれいな貝です。一瞬、蛍光ペンやマジックなどで着色されたのではないかと思うくらい見事な色なのですが、天然の発色なんだそうです。

ヒオウギ貝はタウリンが豊富です。タウリンは疲労回復や滋養強壮に効くとされ栄養ドリンクにも入っていますよね。

また、血液中のコレステロール値を下げ、血液をサラサラにしてくれるようです。そのため、勃起のメカニズムに関係のある血液に作用してくれるヒオウギはパワーフードだといえます。

気になるヒオウギの味は、濃厚らしいのですが、ホタテと比べるとあっさりしているそうです。一度は食べてみたいですね。

余談ですが、愛媛のじゃこ天・じゃこカツは、ちりめんじゃこを使用しているものではなく主に「ホタルジャコ」という魚を使用しているそうです。そのほか、「たちうお」や「たら」を使用しているそうです。

第二弾、愛媛県で男性機能低下・EDの改善が期待できそうな温泉を調べてみました

今回は、番外編となります。温泉のことを取り上げるのは、石川県のコラム以来となります。

石川県では「山代温泉」を推しました。今回は、もうお分かりの方も多いと思いますが、前述していた松山市の道後温泉になります。

道後温泉といえば、夏目漱石の「坊ちゃん」ゆかりの地です。道後温泉の泉質は、アルカリ性単純温泉です。

温度は42度前後で、効能として良いとされているのは、筋肉や関節の常日頃からある痛みやこり、冷え性、末梢循環障害、胃腸、軽い高血圧、糖尿病、軽い高コレステロール血症、軽いぜんそくや肺気腫、痔、不安定な自律神経、ストレスによる睡眠の障害、うつによる症状などだそうです。心因性EDの原因ともなるストレスやうつが少しでも緩和することが期待できそうです。

道後には神の湯・霊の湯があります

温泉といえば、旅館などに宿泊や予約をしないと入れないところも多いのですが、道後温泉には道後温泉本館という共同浴場があります。

いわゆる元湯でしょうか。神の湯(階下・二階席)と霊の湯(たまのゆ 二階席・三階個室)があり、どこを利用したいかで料金などが違ってくるそうです。

また、道後商店街のなかには「椿の湯」という公衆浴場があります。

詳細は道後温泉物語(道後温泉旅館協同組合)のホームページ(http://www.dogo.or.jp/pc/)で確認してください。

愛媛県でED治療薬を処方してくれる病院や医療機関などを探されたい方は、ほかの都道府県のコラムをご覧いただければ、検索サイトへのリンクを貼っていますので、ぜひ活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です